ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年5月5日日曜日

[私的名曲ランキング]  2013年3月度 マイベスト10

みんなでいい曲を発見する音楽投票企画「Japanese Dream -We Love J-Pop-」
の協力により、今月も月間私的名曲ベスト10を紹介したいと思います。
春のリリースラッシュということもあり、この月はまさに名曲ラッシュだったと思います。
ちなみに今回はベスト10中3曲が、ライブで聴いたことのある曲となりました。
この3曲という数字はもちろん史上最多。やっぱり生で聴くのは良いですね!
それでは、いってみましょう。









第10位 いとうかなこ「トポロジー」

2作ぶり3回目のランクイン。今作もメロディの美しさと声質の良さが光っている。




第9位 アカシアオルケスタ「スーパースター」 [公式PV]

ポップで軽快。曲の中で舞い踊るかのようなピアノの音色も印象的。
先日ライブで聴いたのをきっかけにハマりました。(レポはこちら)




第8位 阿部芙蓉美「革命前夜」

おしゃれな感じの曲は普段あまり聴かないのですが、この曲には惹かれるものがあった。
歌詞の通りに、聴くとチップスが食べたくなりました。




第7位 のあのわ「Hurry Up!」 [公式PV]

この曲からはまぶしいぐらいの輝きを感じる。彼らは以前から独自のセンスが光る
素晴らしい曲を作り続けていましたが、今作でまた新たな世界を開拓したと思います。




第6位 Dirty Old Men「呼吸」 [公式PV]

サビの「♪ウォオッオオー ウォオッオッオッオー」というコーラスは特に印象的で、
カッコ良さと一体感を存分に感じることができる。一緒に声を上げたくなる。
この曲はサッカーJリーグ・栃木SCの応援ソングとして作られた曲らしいですが
やっぱりこういう系統の曲は好きだなと! ライブレポはこちら。




第5位 妖精帝國「Astral Dogma」

今まで以上にギターが全面に出ていて、攻めてるなと感じました。
ニューアルバムも近日レビュー予定ですがこちらも素晴らしい作品でした。




第4位 HARUKI「咆筐のメシア」

性別、国籍など全て不明の新人アニソン系シンガーのデビュー曲。
声質が良い上に、楽曲はこれぞ個人的に一番好きなタイプのメロディアスロック。
本当はこれが1位でも良いぐらいの曲でした。




第3位 Gacharic Spin「今を生きてる ~2013年春~」 [公式PV]

2作連続2回目のランクイン。
テクニカルな一面を感じさせつつも、同時にひたむきさが伝わってくるのが良いです。
この曲もライブで聴いてさらに好きになりました。(レポはこちら)




第2位 Cyntia「深愛エゴイズム」 [公式PV]

こちらも2作連続2回目のランクイン。
文句無しにカッコ良い曲であると同時に、一般ウケしやすいキャッチーさも
持ち合わせている曲だと思うので、これからもこういった曲をどんどん世に出して欲しいです。
彼女たちの力でこれから女子メタルという音楽を世間に知らしめて欲しい!




第1位 ハルカトミユキ「ドライアイス」 [公式PV]

美しくも哀愁のあるメロディと歌声と歌詞に、一度聴いただけで心を掴まれました。
これほどまで印象的な曲を作れるのは、やはり才能がズバ抜けている証拠だと思う。
2作連続2回目のランクインにして1位獲得です!
ちなみに、去年1月からこの月間マイベスト10企画を始めて以来、バラード系の曲が
1位を獲得したのは史上初です。やっと1位にできた。1位にふさわしい曲が来てくれた。





(次点)
X.Y.Z.→A「PATRIOT'S DREAM(美しく花と散れ)」 [公式PV]
KARIBUxNOxKAIZOKU「WORLD END」 [公式PV]
Neru「ハウトゥー世界征服」 [公式PV]
Ray Yamada「森のワルツ」 [公式PV]
大山まき「タイヨウダイブ」 [公式PV]
矢住夏菜「白いジャスミンの花」 [公式PV]
BiS「BiSimulation」 [公式PV]
凛-the end of corruption world「World In Flames」
うみのて「RAINBOW TOKYO」 [公式PV]



X.Y.Z.→Aは元爆風スランプと筋肉少女帯のメンバーによるバンド。
なんて俺得なバンドなんだと!この2組は共に昔から大好きだっただけに。
Neru「ハウトゥー世界征服」は歌詞が良い。ニコ動系アーティストってなんでみんな
こんなに歌詞の質が高いんだろうとあらためて感じることができました。
大山まき「タイヨウダイブ」も歌詞が良い。インディーズで埋もれてるのはもったいない。
Ray Yamada「森のワルツ」は文字通り森林浴をしながら聴きたい、癒し系の曲。
矢住夏菜「白いジャスミンの花」のポップ感にはどこか懐かしさを感じる。
BiSはアイドルなのにPVが放送禁止ってどういうことだ!(笑)
面白過ぎる。いいぞこの調子で突っ走ってくれ。


0 件のコメント: