ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年5月4日土曜日

[CDレビュー]  LoveBite「Sicks」


LoveBite「 Sicks」
(2013/2/27) 

1. Mirror
2. Till The End Of My Time
3. Devil In Me 
4. Close To You
5. Be Yourself 
6. Just A Dream 
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




ボーカルのサカテシホさんと、元SUN OF A STARVEのわちゅ~さんによる
男女2人組ユニット、LoveBiteのインディーズデビューアルバム。

全英語詞で洋楽テイストを感じる哀愁ロックナンバーが詰まった作品です。
ギターのわちゅ~さんは、かつてマーティ・フリードマンさんのプロデュースバンドで
デビューを果たしただけあって、今作でもメタルやエモ、ラウドの影響を受けた
ロックサウンドを聴かせてくれています。
まず1曲目にして今作のリードトラック「Mirror」は、美メロが光る
洋ロック風ナンバーながらも、同時にどこかキラキラ感を感じるサウンドが印象的で、
今作の中においてもこの曲はひときわ輝きを放っているかのよう。
そして2~4曲目ではさらに曲がハードになり、
哀愁溢れるメロディと歌唱が、聴き手の心に向かって突進してくる。
3曲目「Devil In Me」では間奏でスクラッチ音が入ってきたりといったような
ミクスチャー的要素が感じられるのも面白いです。
ラストのバラード曲「Just A Dream」もエモーショナルで美しい。
サビが最後の1回しか無いという曲構成も、この曲に関しては良かったと思います。

激しさとメロディの良さが高次元で融合した、素晴らしいロックアルバムでした。
クサメロ好きな人にはぜひオススメしたい作品です。
個人的には、黒崎真音さんが好きな人とかも今作はハマるんじゃないかなと思いました。
次はぜひフルアルバムを! 今後のさらなる飛躍を期待したいです。



0 件のコメント: