ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年6月16日木曜日

[ライブレポ]  NAONのYAON 2016(Gacharic Spin、BAND-MAID、Cyntia)

(前記事はこちら)

オープニングアクトの皆さんのライブステージが終わり、開演時間の15時が近くなった頃、
当フェスの主催者であるSHOW-YAのボーカル、寺田恵子さんがステージ上に登場。
まずは「雨が降らなかったのは誰のおかげ?」とお客さんたちに問いかける。
しゃべりに貫禄を感じる。まるで女王様みたいだ。姐さんのおかげです!と返事したくなる。
なお会場の日比谷野外大音楽堂は時間に対して厳しいそうで、
過去に1度終了予定時間をオーバーした時には始末書を書かされたとのこと。
そこで時間厳守のためのタイムキーパーを呼んだということで、
神取忍さん率いる女子プロレスラー3人組がステージ上に登場。
金ピカの衣装を着た神取さんがこれまた貫禄漂ってましたね。
そして開演に向けてお客さんと一緒にカウントダウン開始、15時ちょうどに開演!




・Gacharic Spin

[セットリスト]
・アルブスの少女
・シャキシャキして!!

トップバッターでなんとGacharic Spinが登場!
6月22日に両A面シングルとしてリリースされる新曲2曲を立て続けに披露。
今回もまた全力エンターテイメントバンドの名にふさわしい、
ハイレベスな演奏パフォーマンスとダンスパフォーマンスを連発。
メガシャキのCMソングとしてオンエア中の「シャキシャキして!!」では
まいさんねんねさんのパフォーマー2人とキーボードのオレオ様が
ラジオ体操の動きを加えたダンスを見せてくれたのも面白かったです。
だがそれ以上に「アルブスの少女」の楽曲が素晴らし過ぎたことに興奮しまくった。
個人的にはこちらの曲の方がCM曲以上にハマりそう。リリース日が待ち遠しいです。

ライブ終了後は司会の寺田恵子姐さんが「♪シャキシャキして」と口ずさみながら
ステージに上がり、ガチャピンの皆さんとトーク。
姐さんはガチャピンが以前から大好きだったと、今の日本に必要なガールズバンドだと絶賛。
さらにねんねさんに向けて、加入した頃はまだ子供だったのに身長が伸びて大きくなったねと
まるで自分の子供のように可愛がっていたのが何とも微笑ましかったです。
なおオレオ様に対しては「横に大きくなった」と一言。相変わらずオチ担当のオレオ様(笑)




・BAND-MAID

[セットリスト]
・REAL EXISTENCE
・Thrill

「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様!」という挨拶でおなじみ、
メイドの世界観満載のガチロックバンド。人気もガチで上がってきているようで何より。
この日は昨年リリースのアルバム「New Beginning」(レビューはこちら)から計2曲を披露。
5月に出たばかりのメジャーデビューアルバムの曲が無かったのは意外。
今回もまた、その見た目からは想像つかないほどカッコいいハードロックを演奏、
ギャップ萌えの素晴らしいライブステージでした。
だがライブ終了後のトークにて、ギターボーカルの小鳩ミクちゃんがしゃべり始めた瞬間
会場の空気がガラリと変わってしまった。自己紹介にて、名前に鳩が入っていることから
「くるっぽ♪」という鳩の鳴き声(?)を発すると、その後のしゃべりでも語尾に「っぽ」を連発。
これには寺田姐さんも「やったっぽ♪」などと返す。姐さんは優しいですね!
これが他の司会者だったら困惑されてるか、もしくはどつかれてるかもしれない。
だがそんなミクちゃんに萌えるのだ! とっても楽しかった。またお給仕(ライブ)に行くっぽ!




・Cyntia

[セットリスト]
・暁の華
・リックリリック

NAONのYAONには2年ぶりの出演となったスタジアムロックバンド。
昨年リリースのアルバム「WOMAN」(レビューはこちら)から計2曲を披露。
まず「暁の華」はスラップベース+キーボード演奏の迫力が抜群。
続く「リックリリック」では観客と一緒にクラップで盛り上がる。
どちらの曲もCDで聴く以上にライブで聴く方がバンド感があって良いですね。
ボーカルのSAKIさんの歌唱力も相変わらず素晴らしかった。
メタルから路線変更しても実力の高さは存分に伝わるだけに、まだまだこれからですよ。
ただそろそろ新曲を出さないと世間から忘れられてしまうぞ・・リリースを心待ちにしてます。

ライブ終了後はSAKIさんが、ステージ上に登ってきた寺田恵子姐さんの姿を見るなり
「あー!! 近い!! 近い!! 好きーー!!!」と絶叫。
そんなに姐さんのことが大好きだったのか! この喜びっぷりにはビックリ。
さらに「昨年はバンドが色々あって出れなくて・・・」などと涙ながらに語った後、最後は姐さんと抱擁を交わす。
他のどの出演者よりも、今年のNAONのYAONに出られたことに感激していたのが印象的でした。
それだけに来年以降もずっとCyntiaには出演して欲しいですね。この熱意は何ものにも代え難い!


(続く

0 件のコメント: