ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年3月20日火曜日

[CDレビュー]  飛蘭「Blood teller」


飛蘭「 Blood teller【通常盤】」
 (2011/11/9) 
   
1. Blood teller
2. PIANOTE





飛蘭の通算11枚目のシングル。2ndアルバムから1ヶ月半後にリリースされた作品ですが、
そのわずか1ヶ月半でさらに進化を遂げたとすら思えてくる、素晴らしい曲を作ってくれました。

まず、タイトル曲「Blood teller」では、
愛する人に「会いたい」と「会いたくない」との間で揺れ動く心の葛藤、愛憎劇を歌う。
「嘆き、恨み、焦り、殺意」といった言葉までもが飛び出す、そんなこの曲は、
以前レコチョクにて発表されていた「歌詞がドロドロしてる曲ランキング」にて
私的にはこれを1位にして欲しかったと思ったぐらい。
そんな愛と憎しみのストーリーを、鋭くもカッコ良く表現したこの曲の世界観がたまらない。
イントロからうなりを上げるギター音と、重厚でハイレベルな編曲、
そして今までの曲の中でも一番歌声にハスキーさを感じる、飛蘭さんの歌唱、
これら全てが説得力抜群。最高としか言いようがないです。


カップリング曲「PIANOTE」は、メロディの美しいピアノバラード曲。
しかしこちらの方は、いかんせんタイトル曲がスゴ過ぎたせいてかすんでしまったかな・・・


そして、この次の作品もすごいことになっているというから・・・




0 件のコメント: