ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年3月27日火曜日

[CDレビュー]  在日ファンク「爆弾こわい」



在日ファンク「 爆弾こわい」
 (2011/9/7) 

1. イントロの才能
2. こまくやぶれる
3. 爆弾こわい
4. マルマルファンク
5. 城
6. 夜
7. よみがえり (インスト)
8. はやりやまい
9. 毛モーショナル
10. むくみ
11. ピラミッド
12. 才能あるよ
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)




2011年9月にリリースされた、在日ファンクの2ndアルバム。
この作品を聴くことになったきっかけでもある、アルバムタイトル曲「爆弾こわい」は
1回聴いただけで忘れられないぐらいの強烈なインパクトがあり、
この曲を筆頭に、いい感じでぶっ飛んだ曲が多いアルバム作品となっています。

何より、メロディセンスが日本人離れしている。本格志向のファンクというものを
存分に感じさせてくれます。いわゆるJ-POP的なメロディの曲は5曲目ぐらいでしょう。
このメロディに日本語の歌詞をうまく乗せているというのが、このバンド最大の個性。
そしてその歌詞がまたユニークで、センスを感じさせてくれます。
ノロウイルスに感染した人の姿を歌った、8曲目の「はやりやまい」などは特に面白い。
ただ、4、12曲目のような内輪ネタの歌詞はどう捉えるか・・・
個人的には4曲目の中盤以降はちょっと暴走し過ぎかなと思いました。


アルバムの曲調に関しては、5,11曲目のようなバラード曲もいい味を出してますが、
やはり3、8、10曲目のようなぶっ飛んだアップテンポ曲が一番良かったです。
こういう曲を聴くと、やはりライブパフォーマンスがどんな感じか見てみたくなりますね。




0 件のコメント: