ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年5月18日水曜日

[ライブレポ]  COMIN’KOBE 16(ひめキュンフルーツ缶、LACCO TOWER、岡崎体育)

(前記事はこちら)

・ひめキュンフルーツ缶

[セットリスト]
・アンダンテ
・モノクロビタミン
・Luck out
・ミラクル彼氏
・キラーチューン
・デットギミック


愛媛出身の5人組ロック系アイドルグループ。
今年のカミコベでもお世話になった「My Live Memo」のごはんさんのイチ押しということで
以前から注目していたのですが、ライブを観るのは今回が初めて。
期待通りのパンキッシュなステージ。楽曲もパンク系だがそれに加えて
メンバー全員の全力っぷりがスゴかった。歌唱力などの細かいことはどうでもよくなるぐらい。
これには会場も熱狂。カミコベ以外のライブではまずないというモッシュやダイブも起きるなど
最高に盛り上がりました。近年のロック系アイドルの中でも頭1つ抜けた人気を得たのも納得ですね。




・LACCO TOWER

[セットリスト]
・柘榴(リハーサル)
・林檎
・苺
・薄紅
・一夜


当ブログの月間マイベスト10ではすっかりおなじみの群馬出身5人組バンド。
前バンドを観終わって退場する人たちが多すぎたせいで入場規制になってしまい
(入口と出口を分ける通路の柵が壊れて入れなかった・・?)後半2曲のみしか聴けず。
それでも最新シングル曲の「薄紅」はあらためて名曲だと感じました。
ライブだとピアノの音色の美しさがより光っている。歌謡ピアノエモとでもいうべきか。
続くMCでは、ボーカルの松川ケイスケさんが神戸市須磨区出身であることを公表、
そして今回初めてカミコベに出られたことへの感謝の言葉を述べてましたが
そのMCの間にも、BGMとしてピアノの演奏が聴こえてくるというのはムーディーでいいですね。
ただ個人的には後半のミドルテンポ曲2曲しか聴けなかったのは不完全燃焼だった。
「柘榴」のような哀愁アッパーチューンで心を揺さぶられながら
激しく盛り上がるライブ空間を一番期待してたので・・・次こそは最初から観たい!




・岡崎体育

[セットリスト]
・Open
・Explain
・Voice Of Heart
・FRIENDS
・Q-DUB


5月にメジャーデビューが決定、現在非常に勢いに乗っている盆地テクノアーティスト。
以前から定期的に私の地元にある奈良ネバーランドというライブハウスに出演していた上に
いろんな方からそのライブがすごく面白いという評判を聞いていたので
ずっと気になっていたのですが、ようやく今回初めてライブを観られることに。

期待通りに、まず1曲目から歌っている途中に口パクであることを宣言したり、
さらにはサビやCメロといった曲構成をわざわざ歌詞で説明する曲が登場するなど
面白い楽曲、面白いパフォーマンスが次々と飛び出す。
そしてクライマックスは4曲目。1人でアーティスト活動をするのは寂しいなとつぶやくと、
ステージ上に岡崎体育の新メンバーとしてペンギンさん(のパペットが右手に)登場。
そして一緒に(1人2役で)「FRIENDS」を歌うことに。
曲前半はNHKみんなのうたで流れてもおかしくなさそうな
ほのぼのとした曲調で、1人よりも2人が良いねと歌う。
だが中盤以降は、これが4人組バンドだと給料が4等分になってしまうという話題となり
ペンギンさんと一緒に「♪バンドざまぁみろ バンドざまぁみろ」と首を振りながら連呼、
これには爆笑してしまった。この日最も頭にこびりついて離れないフレーズとなってしまった。
さらに曲終了後は、僕たち2人はどこで出会ったのかというペンギンさんの問いかけから
友情の大切さを訴える人形劇へと突入。そして最後は「♪AC~」まさかのACオチか!

昨年もカミコベに出演していたようですが今年は客席のキャパがグンと大きくなった上に
それをも満員にするほどの人気急上昇っぷり。そうなるのも納得のステージでした。
奈良ネバーランドからブレイクするアーティストが出たら地元民としては嬉しいですね。近いうちにオーラルの人気をも超えるのでは!?

(続く)



0 件のコメント: