ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年5月21日土曜日

[ライブレポ]  COMIN’KOBE 16(BRADIO、UNLIMITS、忘れらんねえよ)

(前記事はこちら)

・BRADIO

[セットリスト]
・Flyers
・オトナ HIT PARADE
・Golden Liar
・スパイシーマドンナ


2010年結成、ファンキーなパーティーチューンを届けてくれる4人組バンド。
ライブ開始と共に会場一体がダンスホールと化した。一緒に両手を右へ左へと振った回数は
この日ナンバーワン。振り付けが分かりやすいので初めての人でも入りやすい。
そしてこのバンドの最大の魅力は、ボーカルの真行寺貴秋さんのソウルフルな歌声。
近年の若手男性ボーカルバンドの中では、はっきり言ってモノが違う。
軽く投げただけで140km出るみたいな感じだ。調べてみたところBRADIO結成以前にも
別のバンドでボーカルをやっていたらしく(参照)若手というよりは既に中堅の域に入りますが、
前バンドの頃の歌唱と聴き比べてみても今の方が段違いに良い。
ただセトリに関しては最新曲の「HOTELエイリアン」をやってくれなかったのは残念だった。
この曲こそがBRADIOの最高傑作だと思うのだが・・・なので次こそはぜひ聴きたいです。




・UNLIMITS

[セットリスト]
・クローバー
・月アカリサイレース
・さよならバタフライ
・ハロー
・パズル


もはやフェスではおなじみの貴重な女性ボーカルバンド。(昨年のライブレポはこちら)
貫禄の懐メロコア。今回は初期のインディーズ時代のアルバムから「クローバー」に加えて
「月アカリサイレース」もやってくれたのは嬉しかった。Aメロでスカダン。
当初は4曲で終了の予定だったようですがMCを省いた結果計5曲やってくれました。
哀愁漂う歌メロの良さが魅力なだけに、フェスに出てると行きたくなるバンドの1組ですね。




・忘れらんねえよ

[セットリスト]
・バンドやろうぜ(リハーサル)
・CからはじまるABC(リハーサル)
・この街には君がいない
・体内ラブ ~大腸と小腸の恋~
・ばかばっか
・この高鳴りをなんと呼ぶ
・忘れらんねえよ


2000年代の青春パンクの影響を感じさせられる楽曲が魅力の2人組バンド。
まず本編開始とともに木村カエラ「Butterfly」が場内に流れ、
相武彩希さんの結婚をお祝いし始めるという、予想もしなかった展開が。
そしてすぐさま観客の皆さんと一緒に「相武紗季の~」「バカヤロー!」
とコール&レスポンズ。なるほど、大好きだっただけに結婚されたのが悔しいということか。
こういうノリはいかにも青春系といった感じですね。そして曲開始。
3曲目「ばかばっか」の盛り上がりは特にスゴかった。PVはあんなんだが名曲だ(笑)
曲終了後にて高らかに募金箱を掲げ、そこにたくさんの人が集まったのも
見ていて微笑ましかったです。ほとんど曲を知らなかったバンドでしたが、
気合いのこもったステージで良かったですよ。この日出会えたことは忘れません!

(続く)



0 件のコメント: