ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年3月17日木曜日

[CDレビュー]  KNOCK OUT MONKEY「RAISE A FIST」


KNOCK OUT MONKEY「 RAISE A FIST[CD+2DVD盤](2DVD付)」
(2016/1/6)

1. GOAL
2. Flowers
3. OH,NO
4. A live
5. For the future
6. Walk
お気に入り度:★★★★★★★☆ (7.5/10)




KNOCK OUT MONKEYのミニアルバム。
今作もまず1曲目のアルバムリード曲「GOAL」の実直さに心を打たれた。
音楽を通して自分たちの熱いメッセージを届けたい、
そして多くの人を勇気づけたいという思いが、歌唱そして演奏から伝わってくる。
こんなバンドは応援したくなるし、ライブにも行ってみたくなる。
4曲目には老若男女問わずみんなでライブを楽しもうというメッセージが込められた
「A live」という曲が収録されているのも親しみが持てる。

3曲目「OH,NO」ではスカパンクを取り入れたミクスチャーロックを聴かせたり
ラストナンバーの6曲目「Walk」はミドルバラードで締めていたりするものの、
楽曲の幅に関しては前フルアルバム「Mr. Foundation」の方が広かった。(レビューはこちら
ビーイングからメジャーデビューしたことで名探偵コナンの主題歌を歌うなど
前作はこれまでの路線とは一味違う曲もあったものの、私的にはその多彩さも含めて
楽しんでいたんですけどね。おそらく近年の邦楽ロックリスナーには
今作のような統一感のある作風の方がウケるんだろうなぁ。
ミニアルバム形式でのリリースとはいえ、CDセールスが前作と比べて下がったのはなぜだ…
つい1~2年ほど前まではブレイク筆頭候補でビーイングの救世主になるとまで予想してたのに。
近年注目の若手の男性ボーカルバンドの中では、トップクラスなまでに
メロディとボーカルが良いバンドだと思うんですけどね。







0 件のコメント: