ブログトップ

ガールズロックの名曲紹介が中心の歌姫系ブログ。バンドを推しつつも時々アイドル、アニソンと幅広くほぼ毎日更新しています。2018年1月リニューアルオープン。相互リンクも大募集中。コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年12月29日金曜日

[CDレビュー]  THEイナズマ戦隊「PUMP IT UP!」


THEイナズマ戦隊「 PUMP IT UP!」
(2017/11/29)

1, That's so great!! 
2. 突っ張り大一番 
3. そして夜空に浮かぶ月のように  [公式PV]
4. すすきのエレジー
5. 愛らしいじゃない
6. たまには地元に帰ろう! 
7. 人生は最低で最高だ
8. 戦え boys & girls ~栄光のpump up~ 
9. 青春時代延長戦
10. ガムシャラの一言に尽きるぜ
11. 赤い命が燃えている  [公式PV]
12. 君に捧げよう
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




THEイナズマ戦隊の通算12枚目のオリジナルアルバム。
「日々完全燃焼体育会系ズッコケバンド」が今作もエンジン全開。

まず1曲目「That's so great!! 」から必死の雑草魂を感じさせてくれる。
「♪お姫様でもなけりゃ王子様でもない」そんな俺達のための応援歌だというから心に響く。
ブラジルさんハローってサバンナ八木みたいなこと言うのも面白くて似合ってる。
さらに4曲目「すすきのエレジー」も言うほどエレジーか?と
ツッコみたくなる曲調ながら歌謡曲風味のアレンジがプラスされた曲で良かったが、
アルバム前半の楽曲は肝心の歌メロの方が、2000年代の傑作曲の数々のレベルまでは
及んでないかなぁと思ってしまった。20年以上もやっていればメロディも尽きてくるのか。
だが7曲目「人生は最低で最高だ」というアコースティック系バラード曲にて
生きて、生きて、生きてやれ!と歌唱に魂込めて歌いまくり、
ど根性!というおなじみの決めゼリフを放つあたりからメロディの良さも盛り返し、
その次で圧巻だったのが8曲目の「戦え boys & girls ~栄光のpump up~」。
ここまでストイックにひたすら筋トレを歌った曲に出会ったのは
いつ以来だろうか? DEADLIFT LOLITAの曲以来だ。
なんせ朝からスクワットして、腹筋を8パックに割ろうなどと歌うのだから。
DEADLIFT LOLITAは6パックだと?それをも超えてやるんだ!と
言わんばかりの意気込みを感じられる。これを最強と言わずして何と言う!
こんな歌詞なのにバックのサウンドは大人系のダンスミュージックで
prediaあたりが歌ってても良さそうな曲だというのも面白いし、
この組み合わせが意外なまでに合っているというのがさすが。
てかprediaも最新シングルの公式PVで筋トレしてたなと思い出してしまった(参照)

9曲目「青春時代延長戦」はタイトルからして胸にくるものがある上に
メロディのキャッチーさは今作で一番、そして歌詞が案の定共感しまくり。
「♪相変わらずの熱量は 大人になっても湧き出る」
「♪夢は遠くなるけど 夢見るのが大人だぜ」
本当にそうだよなと思うし、これには励まされる。
たとえ大人になっても夢を持ち続けたい、熱さを失いたくないって思う。
なので聴く音楽だって大人しめの曲ばかり聴くようにはなりたくないし、
ライブ会場では一緒に拳をあげて熱く盛り上がりたい。まだまだ体も心も動くんだから!
そのための体力を作るには筋トレしながら曲を聴くのが一番だなという結論になりました!

今作も音楽にパワーをもらいたいというboys & girlsが聴くにはうってつけの作品。
まず完全燃焼体育会系バンドっていうキャッチコピーからして
ネット上の音楽通の皆さんにはウケなさそうだなと思えてくるし、
そもそもこういうのが好きな人は音楽ブログを書いたりしないんだろうなと思う。
それでも自分と同じような熱い思い、強くなりたいという思い、
そのためには筋トレしなければいけないなどといった思いを胸に秘めながら
音楽を聴いている人達にはおすすめのアルバムですからね。今作をもってイナ戦も正式に
「聴くプロテイン」に認定されました。音楽は生きるためのエネルギー源だ!







0 件のコメント: