ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年9月17日土曜日

[私的名曲ランキング]  2016年8月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。
今回も相変わらずパワーポップ中心の選曲、10年前からずっとそうだったというのはさておき
同じJ-POPでも、おそらく今まで一度も当ブログで取り上げたことがない系統があるというのは(音楽通には人気のシティポップとか・・・)
「ジャンルなんて関係ない」をモットーに掲げる者としてはふさわしくないのではと
自分でも思ったりする。過去にはラップ曲が1位、加藤ミリヤが3位などといったことも
あったものですが、果たして今回はそのような意外な選出があったのでしょうか?いってみましょう。





第10位 THE ORAL CIGARETTES「DIP-BAP」 [公式PV]

地元奈良出身のバンドでありながら今まではどうもハマりきれないでいたのだが
今回の曲はTHE BOOMの曲のような祭囃子っぽいメロディに惹かれるものがあった。
ボーカルの歌声も宮沢和史さんっぽく聴こえてきたのは自分だけか?





第9位 LiSA「Brave Freak Out」 [公式PV]

先日のアニサマ(レポはこちら)でも大活躍。ソリッドなロックチューンを歌うには最高ともいえる声の魅力が健在。




第8位 カノエラナ「シャトルラン」 [公式PV]

佐賀県唐津市出身、がんばれ!Victoryやたんこぶちんと同じ出身地から
またしても期待の女性歌手が現れた。これまたがんビクっぽい曲だ(良い意味で)
グラウンドで輝く部活女子の曲といった感じでそりゃもう好きになる曲ですよ。





第7位 Cocco「有終の美」 [公式PV]

これだけ多くのアーティストの中にあっても、やはり歌声とメロディの美しさは別格だと感じられる。
タイトルはこれまた不安になるが・・・何度でも復活してくれるはずだ。





第6位 May'n「Belief」 [公式PV]

ピアノエモ風のイントロからして一気にもっていかれた。
歌唱も相変わらず素晴らしい。これまでの実績も抜群、
「キミシニタモウコトナカレ」などはパワーポップ系楽曲のレジェンド級傑作だと思うのだが
なぜこういった曲が大好きだという音楽ファンはなかなか見かけないのだろうか・・・
てか今回の曲はSALTY DOGが楽曲提供したとはビックリだ。
この後登場の和島あみにはグッドモーニングアメリカが提供したりと、
最近はロックバンドがアニソン系アーティストに楽曲提供することが多くなりましたね。





第5位 KOTO「舞踏遊戯」 [公式PV]

ただでキャッチーで中毒性のあるデジタルポップなのに、
それに加えて間奏でベースソロ、キーボードソロが次々と飛び出すという
まるでGacharic Spinみたいな面白い曲展開にハマりまくった。
ライブでは間奏部分で華麗なダンスを見せてくれるんだろうなぁ、行ってみたい。





第4位 キバオブアキバ「サクラメンタル」 [公式PV]

いつの間に女性ボーカリストがメンバーに加わってたんだ・・・?
てかこのバンドが男女ツインボーカルバンドになったらFROZEN CAKE BARとキャラがかぶってしまうではないか。
とか言いながらも上位に入れてしまうんですけどね(笑)
デスポップバンドと名乗るだけあって曲構成が面白いし、何よりサビメロが良い。





第3位 チームしゃちほこ「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」 [公式PV]

ド派手なアレンジが炸裂する楽曲に加えて、歌唱力自体は足りないものの
メンバー達の全力の歌いっぷりには、タイトル通りのスーパーベリーパワーがある。
こういった曲が次々と出てくるからこそ近年のアイドルシーンは面白いと感じられる。
ライブではヘドバンもありで盛り上がること確実なのがPVからも伝わってくる。
こんなの見せられたらぜひ行ってみたい。名古屋発のグループか、またまたライブで名古屋に行くことに・・?





第2位 和島あみ「永遠ループ」 [公式PV]

これぞ歌手になるために生まれてきた声の持ち主だ。
まだ2ndシングルなのにその他大勢のガールズロック歌手との格の違いを感じられる。
今回の曲もCメロ部分で限界突破の高音に挑戦するところはスゴいっすよ本当に!
PVのショートバージョンでは聴けない部分ですけどね。





第1位 エレファントカシマシ「夢を追う旅人」 [公式PV]

とにかく豪快で、聴いていて最高に気持ちいい!
「さぁ行こうぜ~!」「どでかい明日へ~」「POWER~!」
この歌声だけで1位でいいっすよと思えるほどだ。同じく夢を追う者として励まされる。
高音が裏返ったりナヨナヨしたりしないところも良い。自分もこういう歌唱がしたい。
初期の頃には「孤独な旅人」という傑作曲も世に送り出したバンドだったが
あれから約20年後に、旅人というテーマでまたしてもこんな素晴らしい曲をリリースしてくれるとは・・・





(次点)
・鈴木このみ「Love is MY RAIL」 [公式PV]
こちらも先日のアニサマで聴いたばかりの曲。難曲揃いのこのみんの曲にしては
ずいぶんストレートに感じられるポップソングだが、こういう曲でも表現力豊かな歌唱が生きている。

・FLOW「風ノ唄」 [公式PV]
こちらもまた先日のアニサマで聴いたばかりの曲。
風が吹き抜ける大地をイメージさせられるかのようなスケール感溢れるアレンジに加えて
ツインボーカルの歌いっぷりも相変わらず素晴らしい。このバンドはもっと音楽的に評価されるべきなのに。

・Hysteric Lolita「Cry No More」 [公式PV]
こちらは今年のNAONのYAON(レポはこちら)でライブを体験したバンドの曲。
ポストCyntia的なメロディアスガールズロックバンドと感じただけあってか、
バラード曲でもいい曲出してくれましたね。
今にも壊れそうな危うさを感じさせつつもその中で美メロが輝いている。

・風男塾「NOIR~ノワール~」 [公式PV]
今作はなんとElements Gardenプロデュース。アニソン系アーティスト以外にも楽曲提供とは
朗報にも程がありますよ、こういうことが簡単に実現してしまうからこそ
近年のアイドルシーンはボーダーレスで面白いと感じられる。
歌劇団のような曲を得意とするグループにはそりゃ合うに決まってる。

・ゆくえしれずつれづれ「ニーチェとの戯曲」 [公式PV]
またしてもBiSの影響を受けた?ロック系アイドルが現れたみたいだ。
自分用メモということでここに入れておこう。こんな次点の使い方でいいのか。

・PAN「ギョウザ食べチャイナ」 [公式PV]
今月の食べ物ソング枠、餃子は好きだし曲のノリも良いので上位候補だったのだが、
何度か聴いてると全体的な曲の雰囲気が四星球「鍋奉行パエリアに挑戦」に似てることに気が付いた。
これはパクリジナルということでしょうか?この両バンドはライブのノリも似てるからなぁ。



0 件のコメント: