ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年4月18日月曜日

[私的名曲ランキング]  2016年3月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。
3月度はガールズバンドのリリースの当たり月。名前を知ってるバンドだけでも
10組以上がエントリーリストに登場。このマイベスト10でも計4組が登場いたしました。
1位は途中迷ったが、最終的には年間で1位の可能性がある曲を月間でも1位にするのが
当然だろということでこの曲を選ぶことに。果たしてどの曲か!? ではいってみましょう。





第10位 出口陽「暁月夜」 [公式PV]

元SKE48のメンバー。思わぬところから藍井エイル→綾野ましろの流れを継ぐ歌手が出てきた。
90年代のガールズロック&ガールズポップを彷彿させる、良質な歌謡曲風のメロディは
1コーラス聴いただけで心を掴まれてしまうものなのです。




第9位 BACK-ON「Mirrors」 [公式PV]

今作もまた、キラキラ感とミクスチャー要素が加わったバンドサウンドと、
ボーカルの歌唱に魅力を感じられる。昨年アニサマに出演したようだがぜひ今年も出て下さい。




第8位 POP「QUEEN OF POP」 [公式PV]

読み方は「ぴーおーぴー」。こちらのレポで書いた通り、
ポップの宝石箱をひっくり返したかのようにド派手な曲でライブでも盛り上がりまくり。
PVもユニークで面白い。モジモジ君って今でも放送されてるのだろうか?




第7位 がんばれ!Victory「サヨナラ」 [公式PV]

アルバムレビューはこちら。バラード曲だって素晴らしい。歌い出しの時点から哀愁漂う美メロに惹かれた。
PVはらしくないがファン層を広げるためにはありでしょう。現状若い女性などはほとんど見かけないだけに。




第6位 exist†trace「DREAM RIDER」 [公式PV]

これまでも当ブログで何度か登場している5人組ヴィジュアル系ガールズバンド。
勢い抜群で一気にもっていかれた。キャリアは10年以上あるが今こそが全盛期なのでは。
何かをきっかけにこういうバンドに注目が集まらないものだろうか?




第5位 Fullfull☆Pocket「流星Flashback」 [公式PV]

タイトルからしてアニソン・・ではなくアイドルの曲ですよ。
伸びやかでキャッチーなサビメロと、輝きに溢れた曲世界が素晴らしい。
ポップなバンドサウンドをベースにした楽曲が聴きたければ
アイドルソングもしくはアニソンを聴くのが良いということが分かる曲。




第4位 藍井エイル「アクセンティア」 [公式PV]

「希望や愛の歌が溢れてる理由は それを見たいとみんなが願っているから」
という歌詞がこれまた素晴らしい。もうこれで9回目の投票ですよ、
こんなにも新曲を出すたびにエイルさんに投票してしまう理由は、
希望や愛を感じられるその歌声が魅力に溢れてるから。




第3位 PENGUIN RESEARCH「敗北の少年」 [公式PV]

この曲は2016年屈指の泣ける曲になりそうだ。
憧れのヒーローのようには到底なれず、世間的には敗北者扱いされ、だがそれでも、
たとえ地を這いつくばってでも、自分の力で必死に生きてやるんだと歌う。
その姿が心に響き過ぎて、やるせなさ過ぎて重過ぎて・・・でもやっぱり聴きたくなるのは、
間奏のギターやピアノソロなども含めた曲全体のメロディの良さと、
サビ部分におけるボーカルの歌唱の熱さに心を突き動かされるからなんですよ。




第2位 21g「魂ノ歌」 [公式PV]

初めて聴いた時の衝撃はそりゃもうすさまじかった。そのタイトル通り、
魂を揺さぶられる歌だ。歌詞も編曲もボーカルの歌唱も激アツでエモーショナル。
ギターのメロディがJAM Projectや遠藤正明ソロ曲を彷彿させるようなものだったのも
たまらなくツボにはまった。

ついについに、若手の男性ボーカルバンドで本格的にハマりそうな可能性のあるバンドが
出てきたかと思いきや、調べてみたところベースはSIAM SHADEのメンバーで、
さらにボーカルは仮面ライダーやジャンプアニメの主題歌を歌ったことがあるなど、
メンバー全員キャリアが長いということを知ってしまった。
やっぱり若手バンドにはこういうバンドは滅多にいない、いてもアニソン方面ばかりか・・・




第1位 BRIDEAR「Rebirth」 [公式PV]

終わってみれば大本命がそのまま順当に1位という結果でしたよ、
こちらのアルバムレビュー書いた通りの、2016年を代表する傑作曲。
サビメロの強さが別格、さらに歌唱・声質の魅力も別格。
以前にツイッターのハッシュタグで「#水樹奈々はメタル」というのを見かけたことがあるが
これってBRIDEARがまさにそんな感じですよ、歌声は似てるしメロディラインも似てる。この曲は悦楽カメリアに並ぶ傑作だ!




(次点)
・SCANDAL「SUKI-SUKI」 [公式PV]
こちらのアルバムレビューに書いた通り、久しぶりにこれは良いぞと感じた。
まぁ自分がSCANDALの曲マイベスト10を作ったならば3rdアルバムまでの曲ばかりになってしまうんですけどね。
「夢見るつばさ」「Pride」「太陽と君が描くSTORY」「涙のリグレット」「少女S」などなど…


・ブリーフ&トランクス「パチンコ」 [公式PV]
今月の出オチ枠。わずか40秒のPVで曲を聴いてみただけで一目瞭然。
お前結局それが言いたいだけだろと! しかもコーラスまでかぶせてくるというんだから。



0 件のコメント: