ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年7月17日火曜日

[CDレビュー]  angela「I/O」


angela「 I/O (アイ・オー)」
 (2004/11/3) 

1. CORE introduction [I/O]
2. 謝罪状況 
3. merry-go-round
4. 笑い者のFairy tale 
5. solitude 
6. maybe..maybe..
7. feel,like a breeze 
8. cheers! 
9. 小さな歴史の詩 
10. on my way ~reborn~
11. Shangri-La 
12. Separation {pf]
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)





2004年にリリースされた、angelaの2ndアルバム。
「愛」がテーマの作品になっており、ラブソングを中心としたアルバムになっています。
前作よりも歌詞やメロディの完成度が飛躍的に上がり、いろんな形の愛を
多彩かつ聴けば聴くほどに深みのあるサウンドにのせて歌ったラブソングの数々は、
まるで、この広い世界で巡り廻って愛を探し続けてきた人々たちの姿を描いたかのよう。

まるで街の夜景のような幻想的な輝きを感じるミディアムナンバー「merry-go-round」、
人魚姫の物語と自分とを照らし合わせた歌詞が印象的で、まるでこの海の中に
溶けていくかのような切なさを感じるバラード曲「笑い者のFairy tale」、
孤独の中で愛を求める姿を歌ったアッパーチューン「solitude」
などといった前半の3~5曲目の流れは特に素晴らしいです。

そしてアルバム中盤には、ほのぼのとした暖かさを感じる
バラード曲の「feel,like a breeze」やサンバ調の「cheers!」といった曲も入っており
これらはまるで、この世の楽園のような曲。愛に満ち溢れた曲たちでございます。

またアルバム終盤にはラブソング以外の曲も2曲収録されていますが、この2曲というのが
「on my way ~reborn~」と、彼らの代表曲である「Shangri-La」。
そして11曲目の「on my way ~reborn~」は、今作の中でもダントツの私的ベストトラック。
この世で生きることの苦しさを乗り越えて前に進もうとする姿を歌った曲で、
切なさの中にも力強さ、芯の強さを感じさせてくれる曲。この曲は堀江由衣に提供した曲の
セルフカバーらしいですが、むしろそのイメージが全く湧かないぐらい、
どこからどう聴いてもこれぞangelaワールドな曲。感動の名曲です!


1stアルバムから1年で、本当によくここまで躍進を遂げたと思いました。
アニソン系アーティストの中でも屈指の実力派だと感じさせてくれる上に、
J-POPとしてもそれなりに聴きやすいアルバム作品に仕上がっているので、
この作品は多くの人たちにオススメできる作品でございます!


0 件のコメント: