ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年2月25日土曜日

[ライブレポ]  でらロックフェスティバル2017(ゆくえしれずつれづれ、あゆみくりかまき、バンドハラスメント)

(前記事はこちら)

・ゆくえしれずつれづれ

ぜんぶ君のせいだ。の所属事務所の後輩にあたる4人組グループ。
コンセプトは「だつりょく系げきじょう系アイドルユニット」。
最初ゆるふわな雰囲気からサビ部分では一転してぜん君以上にシャウト連発。
中でも「凶葬詩壱鳴り feat.ぜんぶ君のせいだ」はスゴかった。ライブハウスごと壊れそう。
100kmのカーブの後に140kmのストレートを投げたら160kmに感じられるのと同じで
迫力感じられ過ぎて、なおかつあまりにもアーティスティック過ぎて、
もはやアイドルとは全く別次元の存在に思える。これからもぜひロックフェスで活躍して欲しい。
てかアイドルフェスで六落叫や凶葬詩壱鳴りが出てきたら尻尾巻いて逃げ出す人も出るのでは?だがそこがいい。




・あゆみくりかまき

[セットリスト]
・ジェットクマスター
・クマトナデシコ
・心友フォーエヴァー
・KILLLA TUNE
・WAR CRY
・鮭鮭鮭


関西の森から来たクマ3頭によるアイドルパンクユニット・・のはずだったが
昨年の6月から熊仙人様からのお達しにより人間として活動することになった模様。
まず1曲目は「ジェットクマスター」。ゆくえしれずつれづれの曲の後に聴くと
すごくポップで微笑ましく思えた。サビ部分では観客みんなでモンキーダンスもとい
ベアーダンスしたりしてとても楽しかった。その一方で「KILLLA TUNE」や
「WAR CRY」といった曲ではパンクなライブステージを見せてくれた。
最新曲の「旅立ちの唄」をやらなかったのは意外だったが、
この日は全曲盛り上がるセットリストを組んだということでそれだけでもう満足。
アンコールの声で再登場。だが他のライブハウスとの関係で曲は流せないということで
MCのみやってくれました。サービス精神も旺盛なクマさん。




・バンドハラスメント

2015年11月名古屋にて結成されたエモーショナルジャパニーズギターロックバンド。
伸びやかで良質な歌メロと、爽快感が突き抜けるボーカル、
そして何より音楽にかける気迫が存分に伝わってくるライブステージ。
最後の最後にとんでもない掘り出し物を見つけてしまった。
メジャーデビューしたらSPYAIRみたいにアニメタイアップで人気がさらに広がりそう。
アンコールではダンサブルな曲をやったりと楽曲の幅もそれなりに広い。
こんな素晴らしいバンドがなぜAPOLLO BASEで唯一入場規制になってないの?
と思いきや、まだ平均年齢20歳の超若手バンドということらしい。
セクハラパワハラはもう終わりだこれからはバンハラの時代だ!
と言わんばかりだった。この日はあゆみくりかまきで終了の予定だったが、
せっかくライブやってるならセクハラいやバンハラをチラ見のぞき見お触りして
いこうと思ったその結果がこれですよ!もう2日目優勝でいいっすよ。




でらロック2日目はガガガSPやぜんぶ君のせいだ。のライブなどで全身汗だくになって
その後に冷えたからなのか、途中体調不良があったりして某バンドの時には
座り込んでしまったことも・・・結局それ以外はこの日全く休憩無し、
名古屋・栄の街中を走り回りながら、13時から22時までの
計9時間の中でチラ見含めて合計18組もの出演者を観るという、
一般人は決してマネしてはいけないような無茶なスケジュールだった。
音楽系ブログなのに肝心の文章力が無いから体力を自慢するぐらいしかできないのに
途中ダウンしたらアカンやろと。いったい何がそこまでさせるのか・・・
それはフェスに来たからには1組でも多くの新たなアーティストとの
出会いのチャンスがあった方がいい、一期一会を大事にしたいという一心から。
その結果、今回も当記事で書いた終盤3組のような素晴らしい出会いが
訪れたわけだから。本当に素晴らしい音楽は体調不良なんて吹き飛ばせる。
それもまた実感しました。全部合わせて最高の2日間でした。
以上、長編レポを最後まで読んでいただきありがとうございました。



0 件のコメント: