ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2013年4月18日木曜日

[ライブレポ]  Gacharic Spin レコ発 "Delicious" TOUR (その2)

(その1はこちら)



それでは、今回のメインアクトである、Gacharic Spinのレボにいきたいと思います。



[セットリスト]
・NEXT STAGE
・爆弾娘(ボンバーガール)
・GS★PLANET
・今を生きてる ~2013年 春~
・Never say never 
・Lock On!!

(アンコール)
・LosT AngeL




2013年スタイルとして「ガチャダンサーズ」と称したバックダンサーを2人入れての
計6人体制になってからは、初めてステージを観ることになりましたが、
これが見事にハマりました。ステージを歓喜の渦に巻き込んでました。
特に2曲目の「爆弾娘(ボンバーガール)」はスゴかったです。
サビにて大きく両手を振り、その後しゃがんでグルグルと腕を回すという
ガチャダンサーズの振り付けは、お客さんみんなでマネして大盛り上がり。
会場がダンスホールと化してました。
ドラム兼ボーカルのはなさんの歌唱も、1曲目「NEXT STAGE」ではもう少し声量が
欲しいかなという感じでしたが、この2曲目ではしっかり歌えてました。
そしてはなさんはステージ衣装においても、鬼の帽子をかぶるなど、
曲ごとにいろんなかぶりものを見せてくれていたのが面白かったです。
さらに2曲目終了時には、ダンサーの1人がケン玉を見事に決めるシーンもありました。

3曲目「GS★PLANET」では、キーボードのオレオ様がステージのセンターに立ち、
電飾で胸の部分が光るセクシー衣装を身にまとい歌うことに。
サビではタオル回しもあり、これにはお客さんも一体となって盛り上がりまくりでした。
そしてこの曲の間奏部分にて、ダンサーの1人が前かがみになり背中を突き出すと、
なんとその背中の上にはキーボードが! 
そしてこのキーボードを、オレオ様が華麗に弾き始めるというステージ演出を
観せられた時には、もはや感動すら覚えました。こんなサプライズもあるとは・・・

MCでは、まずリーダーのFチョッパーKOGAさんがしゃべったかと思いきや
その声がガラガラ。時には超音波みたいな声になってしまったりと、
これには客席から笑いが起きてました。
昨日の大阪のライブにて叫び過ぎたのが原因らしいです。
他のメンバーからは「ボーカルでもないのに!」とツッコまれてました。
そのため、オレオ様が中心となりMCを進行することに。
そして客席の後ろの方で見ていた、今回のこのステージの前に出演した
G∀LMETのボーカルのみっき~さんも巻き込んでのトークとなりました。
去年のガチャピンチの(ボーカルが失踪→その後脱退でライブ開催が危ぶまれた)時には
みっき~さんが代役でガチャピンのボーカルをやってくれたことがあるなどといったように
この2バンドは今でも交流が深いようです。
しかしそのトークの中で、今回のライブ前にみっき~さんからのお礼メールが
オレオ様にだけ送られてなかったことが発覚し、これにはオレオ様がショックを受けてました。
「こう見えても繊細なんですよ」と。普段はセクシーキャラなのに(笑)

そして「今を生きてる ~2013年 春~」では曲の前に、今回もまたリーダーの
FチョッパーKOGAさんから、こうして今出会えたことは奇跡なんだ、
去年いろんなことがあったから、出会いや別れというものに敏感になった、
そして出会いに感謝する気持ちを込めてこの曲を作ったという、熱いメッセージが。
この曲だけはダンサー無しの、4人での全力ステージとなりました。
「Never say never」は演奏の迫力が凄かったです。CDで聴く以上にメタリック。
そしてライブでは絶対欠かせない「Lock on!!」で一旦幕を引くことに。

その後すぐさま始まったアンコールでは、G∀LMETのみっき~さんも
ステージに上がり、名付けて「ガチャメット」として、
「LosT AngeL」をツインボーカルにてやってくれました。
主にコーラス部分が、みっき~さんの迫力満点のデス声へと代わっていたのは
面白かったです。最後の最後まで、良いものを見せてくれたステージでした。




ライブ終了後にはメンバー直々にアンケートが配られ、そこでリーダーのKOGAさんと
少しだけ会話をすることもできました。「のど飴でもなめて早く直して下さい」
と声をかけると、「もう朝からいっぱいのど飴なめてます」との答えが(笑)
このように、ファンとの距離が近いのもガチャピンの魅力の1つだなと感じました。



今回のライブは曲の圧倒的な素晴らしさもさることながら、その曲の良さを何倍にも
引き立てるかのようなダンスと、型にハマらない様々な形のパフォーマンスが
とても楽しくて印象に残りました。やはりガチャピンはステージで魅せるバンドであり、
同時に何でも有りなバンドなんだなということをあらためて実感しました。
最新アルバムの曲についても、ダンサーがより映える曲を中心に作ったんだなと納得。
前回11月の名古屋での学園祭ライブよりも、今回のステージの方が
はるかに面白かったです。惜しむらくは、わずか7曲しかやってくれなかったこと。
「Gacharic Spin レコ発 "Delicious" TOUR」というタイトルを掲げているならば
当然彼女たちが主役であり、対バン相手の他バンドよりも曲数は多いものだとばかり
思っていたのに。関西でも単独ライブがあれば良かったのに!
あと、これだけの実力を備えているバンドにもかかわらず、なぜファンの層が
特定の層に偏っているのか・・・もっと幅広い方向にファンが広がればいいのにと
思わずにはいられなかったです。
CLOUD NUMBER NINEのステージの時には彼らのファンと思われる女性客も
かなり来ていたにもかかわらず、次のG∀LMETの時にはもう女性客はほとんどいなかった。
これはやっぱり残念だなと・・・ せっかくこうしてライブハウスに来たならば、
できれば出演全バンドを観て欲しかった。まだ見ぬアーティストに出会うことへの喜びを
一人ひとりが少しでも感じられるようになって欲しい。
以上、ガチャマン(Gacharic Spinファン)の中においては相当若い方だと思われる
私からの率直な感想でした。彼女たちにはこれから大きく飛躍して欲しいです!


0 件のコメント: