ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年2月27日土曜日

[CDレビュー]  abingdon boys school「ABINGDON ROAD」



abingdon boys school「 ABINGDON ROAD」
 (2010/1/27) 

1. STRENGTH. 
2. PINEAPPLE ARMY 
3. and I love... 
4. JAP 
5. 蒼焔 -SOUEN- feat.BASI,サッコン,FUNKYMIC from 韻シスト 
6. 潮騒 
7. From Dusk Till Dawn -INCH UP- 
8. Siren 
9. BLADE CHORD 
10. キミノウタ
11. Sweetest Coma Again 
12. Gold Eclipse(インスト) 
13. Valkyrie -Lioleia Mix- 
14. nocturne(インスト)
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)






約2年半ぶりのアルバムリリースとなった、abingdon boys schoolの2ndアルバム。
全編に渡って、メタルの要素を存分に取り入れた、ヘヴィなロックサウンドを聴かせてくれます。
これにメロディの良さとキャッチーさ、ポップな一面を加えつつも、それでいて、
一筋縄ではいかないような曲の構成、展開美を感じる曲が多いというのが素晴らしいです。
シングル曲においても、曲の展開、間奏、コーラスの入れ方などが、
どれをとっても絶妙、素晴らしいセンスを感じる「JAP」、
イントロや間奏で鳴り響く尺八の音、これがロックやメタルと見事に融合した「BLADE CHORD」
などは特に素晴らしいです。
アルバム曲では、シンセの音と激しいギターサウンドがイントロから炸裂、
このイントロの時点で最高に気持ちが高ぶり、そしてサビでは疾走感抜群のサウンドと、
「どうして人は互いを傷つけあうの」「肌や瞳の色が違っても 命の重さはどれも同じだから」
という歌詞が、すごく胸を打つものがある「PINEAPPLE ARMY」、
メタル色の強いサウンドに、Aメロ、間奏、サビごとに表情を変える曲構成が見事な「Siren」、
デジタルな要素を取り入れたヘヴィロック「Valkyrie」などが特に好きです。
他にも、ラップを取り入れた曲やバラード曲もありと、曲の幅が本当に広く、
これに関しては前作よりもさらに幅が広がった気がします。
そしてもちろん、ボーカルの西川さんの歌唱力も全く衰えを知らない、素晴らしい歌声。
歌唱力もさることながら、声質がこのサウンドにすごく合っています。
だから聴いててとても爽快感を感じますね。


最近メジャーで売れている、ヘヴィなロックをやってるバンドの中では一番好きです。
こういうバンドが活躍できるメジャー音楽シーンなら、やはり捨てたもんじゃないなと思えますね。
T.M.Revolutionとの2足のわらじは大変かもしれませんが、
これからもぜひ、2年に1枚はアルバムを出して欲しいなと思います。


0 件のコメント: