ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年2月16日火曜日

[CDレビュー]  林明日香「初戀」


林明日香「 初戀(初回) (CD-EXTRA仕様)」
(2004/7/14) 

1. 初戀 (インスト) 
2. SANCTUARY~夢の島へ~ 
3. 小指 
4. 十二単 
5. 新緑 
6. もう一度あなたに会いたい
7. 凜の国 
8. ずうっと一緒 
9. 願い 
10. 花結び 
11. 風の凱歌
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




林明日香さんの2ndアルバム。
全編通じて徹底的に作り込まれた世界観という感じだった1stアルバムと比べると、
和の要素は残しつつも、聴きやすい曲が増えた印象です。
本人作詞の曲が増えたことで、よりそんな印象を持ちました。
亡くなった祖母への思いを歌った「もう一度あなたに会いたい」は良い歌詞だと思いました。
そして、前作で感じたシングル曲とアルバム曲の温度差が、今作ではなくなり、
アルバム曲にもシングル曲に匹敵するぐらいの曲がいくつか入っていたのが良かったです。
アコースティックギター中心のサウンドにのせて、伸びやかな歌唱が聴ける「小指」、
和の要素とラテンの要素を見事に融合させた踊れる曲「花結び」は特に良かったです。


でもやっぱり彼女の曲の最大の魅力は、壮大なバラード曲。
以前にこのブログでやった、私的殿堂入り曲紹介というコーナーにて当時1位を獲得した、
「凜の国」は、絶世の超名曲です。まだ聴いたことが無い音楽ファンのみなさんは、ぜひ聴いてみましょう!


全てにおいてレベルが高過ぎるあまり、逆に万人ウケしないのだろうかとすら思えてくる・・・


0 件のコメント: