ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2012年1月27日金曜日

[CDレビュー]  NICO Touches the Walls「HUMANIA」



NICO Touches the Walls「HUMANIA」
 (2011/12/7) 

1. Heim
2. 衝突 
3. バイシクル 
4. カルーセル 
5. 極東ID
6. 恋をしよう 
7. Endless roll
8. 業々 
9. demon (is there?) 
10. 手をたたけ 
11. 手をたたけ (NICO edition)
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





NICO Touches the Wallsの通算4枚目のフルアルバム。全編通して歌詞の質が高い上に、
ロックバンドとしての懐の深さを楽しめるアルバムとなっております。
2、8曲目のようにロックファン受けしそうな、尖った感じの曲もあれば、
「カルーセル」のようなディスコ調の曲や「極東ID」のようなジャジーな曲も
あるといったように、曲ごとに多彩なアプローチを見せており、
アルバム全体のバランスも非常に良い作品となっています。


そして今作でやはり特筆すべきなのは、3、7、10曲目などのように、
影から光に向かって突き進むかのような曲が多いということ。
その中でも、ホーンを取り入れたサウンドが痛快で気持ちいい、
先行シングル曲の「手をたたけ」と、3曲目の「バイシクル」は素晴らしい。
「バイシクル」はメロディに抜群の開放感を感じる曲でありながらも、同時に、
悩みや心のモヤモヤを必死に振り払うかのように、自転車を全速力で漕ぐという姿が
浮かんでくるかのような曲。これは個人的に、自転車通学をしていた高校時代のあの頃を
思い出させてくれるかのような曲でもあり、どこか懐かしくも感じました。


しかし、6曲目はちょっとベタ過ぎかなと思ったのと、
1曲目の1分前後の曲とラストの「手をたたけ」の別バージョンを除けば実質9曲しかないので
もう1~2曲ぐらいは聴いてみたかったかなとも思いました。


その辺はまた次回のアルバムに期待するとして、ともかく彼らのような、
変に内へ籠らずに、外へ開かれた雰囲気のバンドが出てきてくれたのは嬉しいです。
ぜひこれからの日本の音楽シーンを引っ張る存在になって欲しいです。


2 件のコメント:

ミツ さんのコメント...

お久しぶりです。こちらのブログでは初めてコメントしますね。またリンク貼っておきますね♪

NICOは僕も以前から好きで。メンバー自身、サザンやミスチルみたいな多くの人に親しまれるバンドを目指してるらしく、まさに音楽性は幅広いんです、が、芯の部分はぶれていないのが良いですね。

こういったバンドがどんどん躍進してくれると良いですね♪

えむけー さんのコメント...

NICOは去年ぐらいから一気に知名度が上がった印象ですね。
この作品を聴けばそれも納得でしたし、この調子なら今年はさらに躍進するのではないかと思います。
これからまた他の曲も聴いてみたいです。