ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2011年8月21日日曜日

[CDレビュー]  the 武田組「LOVE is ROCK」


the 武田組「 LOVE is ROCK」
(2010/3/24) 

1. 春が来るぜ
2. MORE ROCK
3. ライパチロック 
4. なにかといーぜ
5. ゼウスビル 
6. ふりぬけよベイベー 
7. 麗しい 
8. 欠けた月 
9. 全速力
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




北海道を拠点に活動しているインディーズバンド、the 武田組のアルバム。
このバンドを知ったきっかけは、とあるサイトの掲示板で野球関連の名曲の話題が出ていた中で
彼らの曲である「ライパチロック」が紹介されているのがきっかけでした。
さらにそれ以外の曲も、Youtubeで試聴した感じではどれも良かったので、このアルバムを聴いてみたわけですが・・・
これは久々に来たーーって感じの、コテコテのロックをやっているバンドです!
そして同時に、ロックでありながらもフォークや歌謡曲の要素が感じられるバンドだなと思いました。
シンプルながらも、ボーカルの武田さんの歌唱とアコギの音が心に響くバラード曲「春が来るぜ」、
速いテンポでアコギをジャカジャカ鳴らしながら豪快に歌う「麗しい」などは
特に、フォークロックの良さを感じるナンバーですし、
また、1、4、8、9曲目といったバラード曲の出来がどれも良いのもこのアルバムの特徴です。
特にラスト曲の「全速力」の、聴く人全員に訴えかけ、そして励ましてくれるかのような
曲を通じた熱いメッセージは、あらためて音楽の持つ力というものを感じる。素晴らしい曲です。
もちろん2曲目の「MORE ROCK」ような熱いアップテンポ曲も良いですし、
5曲目には、レゲエのようでブルースっぽい感じもする「ゼウスビル」といった変化球的な曲も収録されていて、アルバムを通して聴いても飽きない作品となっています。


さらに、野球関連の名曲でいえば、「ライパチロック」という、
エースで一番、そして音楽で一番を目指すというストーリー性のある楽曲も良かったですが、
それ以上に良かったのが、6曲目の「ふりぬけよベイベー」。
イントロの「かっとばせー た・け・だ!」というコーラスからして、聴いてて燃え上がる。
そしてサビ前の「当たったこと考えたら振るしかないよなーー!!」この叫びはたまらん! 
これぞ魂の雄叫びといっていい。こういう曲を待ってた!


彼らのような、男気あふれるロックをやっているバンドは、最近の若手バンドには少ない気がします。
どっちかというと文化系な感じのするバンドが多過ぎる気がする・・・
そして、男気を売りにして同性ウケするようなアーティストはレゲエの方ばかりにいってしまってるという、そういうイメージが私の中ではあります。勝手なイメージかもしれませんが・・・
なので、the 武田組のようなバンドにこそ早くメジャーに行って活躍して欲しいです。
全国のロックファンや野球ファンや野球選手たちに、ぜひ彼らの曲をおすすめしたいです!



0 件のコメント: