ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2011年8月14日日曜日

[CDレビュー]  KOTOKO「イプシロンの方舟」



KOTOKO「 イプシロンの方舟 <通常盤>」
(2009/10/14) 

1. ε~Epsilon~ 
2. リアル鬼ごっこ 
3. -∞-DRIVE 
4. scene 
5. 雨とギター 
6. 限界打破
7. モネラの絆
8. ハヤテのごとく! 
9. RI←SU→KU 
10. HELLION 
11. Geoglyphs 
12. BLAZE 
13. LITTLE BABY NOTHING
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10) 




2009年にリリースされた、KOTOKOの4thアルバム。
この歌手もまた、アニメやゲームなどの主題歌を中心とした活動をしているアーテイストですが、
実はこのアルバムを聴いた最初の頃は、個人的にはそれほどハマらなかったのです。
しかし、これが聴けば聴くほどどんどんハマっていき、今ではすさまじい作品だと気づくまでになりました。


この作品は、音楽ジャンル的にはトランスやハードポップといったあたりに属するわけですが、
その1曲1曲の作りこみっぷりがすごい。どの曲もデジタル主体なのに重厚で、
軽さや安っぽさは全く感じない。サウンド面では、電子音だけでなく
ギターやピアノなどの他楽器の使い方も絶妙、
さらに、KOTOKOさん自作の歌詞も軒並みレベルが高く、
しかもそれに加えて、アルバムのジャケット写真などからも分かるように、
まるで宇宙を感じるかのような、スケール感のある楽曲が多い。
1曲目の「ε~Epsilon~」などはまさにこのアルバムの象徴といっていいようなタイトル曲。


しかし、このジャンルの歌手のアルバム作品には、初期のm.o.v.eといい初期の玉置成実といい、
「シングル曲に比べるとアルバム曲が・・・」
「ノリノリのアップテンポ曲に比べるとミディアム~バラード曲が・・・」
という傾向がありがちなように思うのですが、
ところがこのアルバムではそういうことが全く無い。
全曲シングルカットしてもいいぐらい、どの曲も質にブレが無いし、
さらに曲調においてはむしろ2、6、7曲目などのミディアムテンポ曲の方が
より一層素晴らしいぐらい。
その中でも特にすごいのが、「リアル鬼ごっこ」「モネラの絆」。この2曲では、
ジワジワと胸にくるようなメロディにのせて、終末的な世界観を、優しく美しく包み込むかのように歌い上げている。
これには、何ともいえない独自の芸術性を感じる。
これをあえて他のアーティストの曲で例えるなら、Do As Infinity「科学の夜」にも似たかのような芸術性、しかしやっぱりそれともまた違う。
やっぱりこれはKOTOKOさん独自のワールドといっていい。


そしてもちろんアッパーチューンにおいても、夏を感じるラブソング「Geoglyphs」、
サビへいくほどに疾走感や歌詞の力強さを感じる「BLAZE」などは
特に聴いてて気持ちいいですし、ラスト曲「LITTLE BABY NOTHING」では
男性ボーカルとのデュエットといった飛び道具が出てくるのもまた面白い。
アルバム終盤の9曲目からラストまでの流れは圧巻といっていいです。
さらにKOTOKOさんのボーカルも、甘く優しい声質がベースでありながらも、
10曲目のようなロック色の強い曲など、力を入れるべきところは力強く歌うなどして
曲の場面によって歌唱の表情を変え、それぞれの曲の良さを十分に引き出している。


本当に、聴きこむほどに新たな発見ができるかのような、奥深くて素晴らしい作品です。
最近の日本で流行している、歌って踊る系統の電子音楽たちと比べると、もはや次元が違いすぎる。
これぞ異次元トランスといっていいでしょう。つくづく最近のアニソンはレベルが高い・・・

0 件のコメント: