ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年10月31日日曜日

[CDレビュー]  高橋瞳「sympathy」


sympathy
(2006/3/1)

1. Get the future 
2. 青空のナミダ 
3. 孤独な群集 
4. コトノハ 
5. evergreen 
6. Beatin’
7. メロディ 
8. 約束 
9. もうひとつの夜明け 
10. SKULL 
11. 僕たちの行方 
12. 16
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)




2006年にリリースされた、高橋瞳さんの1stアルバム。
当時16歳なだけあって若さが存分に溢れ出した作品です。
とにかく見た目からは想像もつかないぐらいパワフルで、小手先のことなんて考えずに
全力でぶつかってくるボーカルが聴いていて本当に気持ちいいです。しかも声質が良いときたらなおさら。
作詞については未熟な面もありますが、それもまた16歳ということでいいでしょう。
特に「青空のナミダ」や「僕たちの行方」といった前向きでパワフルなロックチューンは、
その若さの魅力が存分なまでに発揮されています。
そして、平成生まれ歌手初のオリコン1位獲得曲としても話題になったデビューシングル
「僕たちの行方」は、楽曲がとにかくドラマチック。
要所で入るキーボードやバイオリンの音色なども良いですし、
曲の展開美を存分に感じさせてくれる、これぞ1位にふさわしい大傑作といえるでしょう。
そんな曲の一方で、不安に揺れ動く心を歌った「孤独な群集」や、
別れを歌ったバラード曲「evergreen」「約束」などといった曲も良いです。
特に2ndシングル「evergreen」はなぜデビュー曲に続いて大ヒットしなかったのかが不思議なぐらいの名曲です。
さらに、アルバム曲で隠れた名曲といえるのは、9曲目の「もうひとつの夜明け」。
これは歌詞がこのアルバムの中で一番良いです。
アップテンポでポップな曲調ながらも、どこか切なさを感じる。心の葛藤を描いた歌詞と、
その不安を振り払おうとするかのように突き進んでいく、曲とボーカルの勢いが素晴らしい!

1stアルバムにして見事な作品でした。これは将来さらにすごい歌手になるんじゃないかと思いました。
今でこそ女性ロックシンガーは、バンドも含めてメジャー音楽シーンにたくさん出てきていますが
この当時は、新人女性ロック歌手といえばこの高橋瞳さんと、他には上木彩矢さんぐらいしかいなかったという、いわば谷間の時代だったので、素晴らしい歌手がついに現れてくれたと思い、
すごく期待していたのですが・・・ 最近はどうも活動が停滞気味なのが残念です。
まだまだ若いんだし、どうかここから巻き返して欲しい!



0 件のコメント: