ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年9月26日日曜日

[CDレビュー]  クラムボン「2010」


クラムボン「 2010」
(2010/5/19)

1. serendipity(インスト) 
2. KANADE Dance(インスト) 
3. NOW!!! (2010 ver.)  
4. SUPER☆STAR 
5. JAPANESE MANNER
6. Ka-Ka-KaLMa! 
7. Sooo,Quiet 
8. ハレルトマヂカ 
9. tiny pride 
10. 4hands_cp_waves (1/4)(インスト)
11. Aspen 
12. あかり from HERE (clammbon side) 
13. Bug -fughetta-(インスト)





クラムボンの通算8枚目のアルバム。
以前に、2001年リリースの3rdアルバム「ドラマチック」を聴いた時は、とても良い作品だと思いました。
それ以来久しぶりに彼らのアルバムを聴いてみたわけですが・・・

まず、1曲目がインストで、そして2曲目もインストという時点で、
やはりこのアーティストは、完全に我が道を行くアーティストなんだなということが分かります。
今作はゆったりとした曲が多く、それでいながら徹底して音に深みを出そうと意図された編曲がなされています。
特に、ピアノの音の細かい旋律の繰り返しや、ボーカルの原田さんの浮遊感ある歌唱には、
幻想的な雰囲気を感じる、ポストロック的な音楽だなと感じさせるものがあり、
これはハマる人はハマる音楽だろうなと思いました。

しかし個人的には、非常に聴きづらい作品でした。
とにかく同じような旋律の繰り返しが多くて、曲がなかなか前に進まずで、
これはダラダラしてるというか、メリハリが無いとしか思えずで・・・
何より、肝心のメロディ、特に歌メロの弱さはとても残念で、
歌メロ重視の私としては、この作品にはほとんど良さを感じることができませんでした。
彼らもかつては、シングル曲では「サラウンド」や「残暑」などといった、
キャッチーで歌メロが良く、それでいて独自の編曲センスも感じることができるという名曲も作っていました。
アルバム「ドラマチック」においても、作品全体からパワーを感じることができ、
アッパーな曲からバラード曲までメリハリがしっかりとついた作品を作っていました。
その頃の面影は、今作には無いです。初期の頃とは全く別のバンドになってしまったといっていいでしょう。
まずこのバンドは、シングルをここ数年リリースしていないという時点で、
2001年の頃のようなキャッチーな売れ線の曲を作る気はもう無いのだろうなと思います。
既に一定のファンはついているからもうこれ以上は別にいいや、我が道を行くぞという考えなのでしょうか。
もともと私は、売れることだけ考えてるとしか思えない曲ばかり作る歌手ってのは好きじゃないんですが、
それとは逆に、売れることを完全放棄したとしか思えない歌手っていうのも、
それはそれでメジャーアーティストの姿勢としてはどうなんだろうかと・・・
そんなことを考えさせられてしまいました。
「サラウンド」や「残暑」の頃の路線が好きだっただけに・・・

万人ウケとは程遠い作品ですが、独創的で幻想的な雰囲気が大好きで、
それでいて歌メロは別に重視しないという人なら、この作品を聴いてみてもいいかもしれません。



0 件のコメント: