ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年9月2日木曜日

[CDレビュー]  水樹奈々「IMPACT EXCITER」



水樹奈々「IMPACT EXCITER」
(2010/7/7) 

1. TIME TO IMPACT EXCITER(インスト) 
2. NEXT ARCADIA 
3. ミュステリオン 
4. Silent Bible 
5. Young Alive!
6. SCOOP SCOPE 
7. DRAGONIA
8. 夢幻 
9. 夏恋模様 
10. 恋の抑止力-type EXCITER- 
11. PHANTOM MINDS
12. ストロボシネマ 
13. 囚われのBabel 
14. アルビレオ 
15. Don’t be long 
16. 7月7日
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)






水樹奈々さんの通算8枚目のアルバム。
個人的に、前作で初めて彼女のアルバムを聴いた時は衝撃的で、しかも聴き込めば聴き込むほど
ジワジワとその衝撃にやられるような感じでした。まさにこれぞ水樹サウンドとでもいうべき、
奥が深くてなおかつドラマチックな世界観を持った曲ばかりでした。
ただそんな曲の数々に若干慣れたこともあってか、前作ほどの衝撃度は
個人的にはなかったのですが、それでも、今作もまた十分に彼女独自の世界観を
楽しむことのできるアルバムだったと思います。


前作に引き続いて、歌謡曲的なメロディ、雰囲気を感じさせる曲が多いですが、
その中にアレンジの壮大さと、ロック・メタルからピアノバラードまでの様々なジャンルの音楽の融合があるのが見事。
そしてこれらの曲を抜群の歌唱力で歌い上げる、水樹さんのボーカルはやっぱりさすがとしか言いようがないです。
ちなみに、サウンドの方は、ピアノの音や電子音のアルペジオなどの細かい部分が
何気にツボにハマることがあり(2、5曲目とか特に)、
聴けば聴くほど曲構成の深さを感じることができます。
しかしこれ、演奏する方は大変なんじゃないかなと思いますが・・・


そんな今作の中でも圧倒的に素晴らしいと思った曲は、7曲目の「DRAGONIA」。
二胡をとり入れた東洋的・大陸的なサウンドと、太古から現代までを振り返り、
そして未来へと突き進んでいくかのような歌詞の世界観が合わさることで、
まるで龍が突進してくるかのようなパワーと、スケール感をこれでもかと感じさせてくれる。
本当つくづくこういう曲は大好きなんですよね。
最近の、アニソンと呼ばれる音楽の数々には、このようにまるで現実を超えるかのような
壮大な世界観を持った曲があるのが好きです。その代表格が水樹奈々さんの曲といえるでしょう。


これからもこの調子でがんばって欲しいです。
こういう、ドラマチックなJ-POPとでもいうべき音楽をやってるアーティストというのは
有名アーティストの中は意外といない気がするので、
多少マンネリになったとしてもこの路線を中心にしていけばいいと思いますし、
その中において、今までにない新しい要素もどんどんとり入れ続けていけば
(今作でいうと7曲目の二胡など)なお良いと思いますね。


0 件のコメント: