ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年1月7日木曜日

[CDレビュー]  水樹奈々「ULTIMATE DIAMOND」


水樹奈々「ULTIMATE DIAMOND」
 (2009/6/3) 

1. MARIA&JOKER 
2. 悦楽カメリア 
3. PERFECT SMILE 
4. Trickster 
5. Mr.Bunny! 
6. 沈黙の果実
7. Brand New Tops 
8. 少年 
9. Gimmick Game 
10. Dancing in the velvet moon 
11. ray of change
12. 深愛  
13. 蒼き光の果て-ULTIMATE MODE-  
14. Astrogation 
15. 夢の続き
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)




2009年6月にリリースされた、水樹奈々さんのアルバム。
ご存知の通り、声優としては初のオリコンアルバムチャート1位を獲得した作品であり、
そして同時に友達からの紹介もあり、以前から聴いてみようかなと思っていました。
その友人のレビューによると、80年代を思わせる、中森明菜を彷彿させるような歌謡曲が良いと言っていました。
ということでアルバムを聴いてみると、確かに、紅白歌合戦でも歌われた「深愛」を始め
1、6、10曲目などは特に、昔ながらの歌謡曲を現代風にアレンジしたような曲で良かったです。
1曲目の、曲中にピストルの音が入るところなんかは特にツボです。


さらに、アルバム全体では王道の歌謡曲やJ-POPをメインにしながらも、
それだけでは終わらず、さまざまなジャンルを融合させたような作品の数々が
作られていたのが、とても良かったです。
その中でも、和の要素が存分に入ったハードロック「悦楽カメリア」、
少年の頃の純粋な気持ちを思い出させてくれるかのような、どこか懐かしいJ-POP「少年」、
ノリノリのユーロビート曲「Gimmick Game」、
日本的なメロディでありながら同時にヨーロッパの舞踏会のような雰囲気も感じられる
「Dancing in the velvet moon」、この4曲は特に素晴らしかったです。
曲の作家陣を見てみると、音楽クリエーターチームの
Elements Gardenのみなさんの作った曲は、外れ無しに素晴らしいと思いました。
まさに歌謡曲・J-POPの進化形とでもいえるような曲の数々で、
最近のアニソンはレベルが高いということを証明するような作品だったと思います。


そしてやっぱり、水樹さんの歌唱力は素晴らしかった。
ビブラートもきれいですし、つくづく本職が声優だとは思えないぐらいです。
別の友人の話では、今までライブで生歌を聴いた人の中では一番歌がうまいといっていました。
それもうなづけますね。


つくづくこの作品はもっと早く聴いておけば良かった。
最近の作品には数少ないオリコン1位にふさわしいと思える名作でございました!


0 件のコメント: