ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年1月21日木曜日

[CDレビュー]  m.o.v.e「DECADANCE」


m.o.v.e「 DECADANCE (CCCD)」
(2003/9/10) 

1. DECADANCE (インスト) 
2. Painless PAIN 
3. WORLD’S END -Rebirth- 
4. FREE ZION 
5. WICKED GAME
6. ON THE SPEEEEEDWAY 
7. It’s only love
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)




m.o.v.eの通算5枚目のオリジナルアルバム。
それまではトランス、エレクトロ、ユーロビートといったような音楽をやってきたグループが、
この作品にて、まさかのハードロック方面へと舵を切った、そんなアルバムです。


今回の作品を一言で言うなら、電子音を多用したハードロック、メタルとでもいうべきでしょうか。
というか、そんな一言では片付けられないぐらいの、複雑かつ重厚な音作りの数々。
まずはゴシック音楽のようなインスト曲「DECADANCE」から始まり、
そして2曲目は、出だしはスローテンポなポップス、
そこからサビで一気に、ハードなギターの音とキーボードの音とラップが絡み
何ともいえない独自の世界を作り出している「Painless PAIN」、
この時点で、もう完全に引き込まれました。
そして3曲目からは、さらにヘヴィさを増したギターサウンドに、
そのバックで鳴り響く電子音、そしてmotsuさんのラップ、
これはゴシックメタルともいえるような、すさまじい迫力のサウンド。
その中でも曲タイトル通りの、世界の終わりを歌った「WORLD’S END -Rebirth-」
これは本当にすごい! 重厚かつシリアス、もう圧倒されました。


そしてこのアルバムのクライマックスと言っていいのが、6曲目。
ユーロビート的な疾走感溢れるシンセの音、
そして、それを上回るぐらいの勢いでバックに鳴り響くギターの音、
これぞまさにユーロビートとロックの融合といっていいような、
高揚感、疾走感抜群の超名曲「ON THE SPEEEEEDWAY」。
これは以前にも、私が高速道路で聴きたい曲ナンバーワンとか言いましたが、
それぐらいに魂が高ぶる、そして煮えたぎってくるかのような、すごい曲といっていいでしょう。


これぞ、唯一無二の音楽。洋楽を探してもこんなすさまじい音の数々を作っているグループは
そうそういないのではと思います。
さらに、これだけ重厚で複雑な音作りをしながらも、メロディがどれも良いというのもすごいです。
J-POPファンにも聴けますし、ロックファンにもおすすめしたい、そう思える作品です。



しかもその後、これをも上回るとんでもない作品が作られたというんだから・・・


0 件のコメント: