ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・アニソン・アイドルからロック・メタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも基本的に大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2017年1月29日日曜日

[CDレビュー]  ALL OFF「Re:sound」


ALL OFF「 Re:sound」
(2016/12/21)

1. Intro
2. In Shadows
3. One More Chance!!
4. Yeah!!
5. Don't Worry
6. Sorry
7. Burn To Ashes
8. Never Gave Up
9. リフレインボーイ
10. ありがとう
11. Hey Mom
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




ALL OFFのメジャー1stフルアルバム。
「バンドシーンとアニソンシーンのかけ橋的存在を目指す」
というキャッチコピーからして気になっていたバンドだったが
今回いざ聴いてみると、期待通りにボーカルや楽曲から音楽にかける
真っ直ぐな熱い思いが伝わってくるバンドで素晴らしいと感じられた。
今作のリード曲である2曲目「In Shadows」は
サビメロの良さもさることながら、Bメロからたまらなく気迫を感じる。
この曲は12月度マイベスト10の第7位でも取り上げた曲だったが
あらためてこのCDアルバムで聴いてみると、1位でも良かったなと思った。
アニメタイアップの先行シングル曲である「One More Chance!!」
「Never Gave Up」「リフレインボーイ」といった曲も
大一番でやってやるんだ!全力疾走でぶちかましてやるんだ!という
エネルギーがみなぎってくるような曲ばかりで素晴らしい。
「聴くプロテイン」とまではいかずとも「聴くポカリスエット」ぐらいは
名乗ってもいいんじゃないだろうか?
なおこの手のバンドは一本調子になりがちと言われることもあるが、
しかし今作には、いかにも近年の激ロックアーティスト的といえる
シンセを取り入れたダンサブルな曲「Yeah!!」、
ピアノとストリングスを取り入れた王道バラード曲の「Sorry」、
大胆なまでにEDM風アレンジをした「Burn To Ashes」といった曲も加わるなどして
バリエーションにも富んでいる。この辺はさすがメジャー所属アーティスト。
ただこれらの曲はシングル曲と比べると全体的にメロディが印象に残りにくかったのは惜しい。
歌詞に英語詞が多いのは海外でもライブ活動を行っている影響か?
曲ごとに日本語詞か英詞のどちらかに統一した方がいい気もするが・・・

近年流行の高くてナヨナヨしたボーカルのバンドとは対照的なまでの
力強いハイトーンボイスと気迫のこもった楽曲を聴かせてくれるバンドは、
これまた近年だとアニソン方面に向かうことが本当に増えた。
このバンドもまさにそのパターンなので、FLOWやSPYAIR辺りが好きならば
ぜひオススメしたい。しかしアニメ主題歌を担当したバンドだけを集めた
イベントライブを主催したアーティストなどというのは初めて聞きましたね。
てかそこまでアニソンを歌いたかったのであれば、
ラグビーアニメ「ALL OUT!!」の主題歌はALL OFFに歌って欲しかった。
スキマスイッチよりも合ってると思うんですけどね。アフロはトンガ人ラガーマン辺りにいそうな風貌だからそちらにしたのか?
ともあれメンバー5人がガッチリとスクラム組んで鳴らす音楽の数々には
これからも期待したい。ライブもいつか体験してみたいですね。









0 件のコメント: