ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年8月7日土曜日

[CDレビュー]  ステレオポニー「OVER THE BORDER」


ステレオポニー「 OVER THE BORDER(初回生産限定盤)(DVD付)」
(2010/6/9) 

1. OVER THE BORDER
2. ツキアカリのミチシルベ 
3. スマイライフ 
4. happy“A” 
5. Never Look Back
6. 友達の恋人 
7. 妄想ジェット 
8. Cherry my... 
9. はんぶんこ 
10. 星屑カンテラ 
11. 100パラリズム
12. OVER DRIVE 
13. 咲音 
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)




ステレオポニーの2ndアルバム。
まず、このアルバムを聴く前に先行シングル曲でもある「OVER DRIVE」を聴いた時は、
初めて聴いたその時から、思わず笑顔がこぼれてしまいました。
こんな感覚はいつ以来だろうか。なんというか、たまらなく健気でピュアで・・・
「世界中を敵に回しても 僕はまだ見果てぬ夢を追いかける」だなんて・・・
それにひきかえ、私ときたらなんて心が汚れてるんだろうかと。
大人になって忘れていた、大事なものを思い出させてくれるかのような曲です。
歌詞は、このアルバムの収録曲の中でも一番ベタだと思うぐらいベタで、
なのでこれを良いと言えば、それって完全にえこひいきだろと言われても仕方ないんだけど、
それでもこの曲は曲全体から感じるものというのがある。そして応援したくなるようなものを持っている。
こんな可愛い子たちが健気に音楽という夢を追いかけてる姿を、応援せずにどうするんだと!

これは、アルバム全体に対してもそっくりそのまま言える感想でございます。
ただ、可愛らしさやメロウな感じは、ZONEやSCANDALなどといったバンドとかぶる面もありますが、
このバンドがそれらのバンドよりもさらにすごいと思うところは、
全曲を自作しているという、ボーカルのAIMIさんの作曲能力の高さ。といっても決して、
自作でなければアーティストとして格が落ちるとか思うわけではないですが、
それでもやはり10代の頃からこんな良いメロディの曲をたくさん作れるというのはすごい。
そして1stアルバムであったような、作りかけで出してしまったかのような
実験的な曲というのはなくなり、どれもしっかりと作り込まれた曲となり、
完成度は全てにおいて前作以上に上がりました。

まず、このアルバムの、1曲目「OVER THE BORDER」を聴いた時にはびっくりしました。
あまりにも素晴らし過ぎる歌詞、そして曲に・・・ しかも10代でこんな歌詞が描けるなんて・・・
人の心を地球儀に見立てたという、とても奥深くて、そしてスケール感に溢れる曲世界。
これはまるで、この広い地球上に立って、そしてこれからはじまる希望の大地がどこまでも見えているかのような・・・
感動しました。2010年を代表する超名曲といえるでしょう。

この曲なども含めて、アルバムではやはり夢や理想を追い求める姿を歌った曲が多いです。
しかし、以前シングルレビューでも書いた「ツキアカリのミチシルベ」のような、
ダークな部分を押し出し、それでも最後にはあきらめないと歌う曲もあれば、
5曲目の「Never Look Back」のような激しいロックサウンドに乗せて、
決意表明するかのような曲もありといったように、曲ごとの多彩さというのも感じることができます。

その一方で、ラブソングや、さらにはちょっぴりふざけた曲なんかもあり、
その中でも特に、ファンタジックさ満点の歌詞にのせて疾走するロックナンバー「妄想ジェット」は素晴らしい!
この曲も歌詞が良いですし、もちろんメロディも良い。
今作では、アルバム全体を通して、若さを思いっきり出しつつも、
同時に、このように歌詞も曲も成長した姿を見せてくれたのが、とても良かったです。


これは間違いなく、2010年を代表する名作アルバムといっていいでしょう。
このブログの年間1位候補です。


0 件のコメント: