ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2010年5月13日木曜日

[CDレビュー]  m.o.v.e「GRID」


m.o.v.e「 GRID」
(2006/1/25) 

1. GOTHICA(SYMPHONY NO.1) (インスト) 
2. FADED~色褪せたアルバム 
3. ANGEL EYES 
4. DISCO TIME 
5. WHITE FOX
6. THIS IS MY HEARTACHE 
7. NAMIDA 3000 
8. MISHA(SKIT) 
9. FREAKY PLANET 
10. GIRL(YOU WANNA MOVE) 
11. DISINFECTED GENERATION 
12. 雷鳴-OUT OF KONTROL- 
13. SAIL AWAY
14. FREAKY PLANET -ROSY MIX-REMIXED BY AKIRA YAMAOKA 
15. GROOVY PLANET -LONDON STOMP MIX-
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)





m.o.v.eの通算8枚目のオリジナルアルバム。
これまで、トランス、ユーロビート、ロック、ゴシック、メタル、などといった
ありとあらゆる様々な音楽を融合させた作品を作り続けてきた彼らですが、
今作は、そんなm.o.v.eのこれまでの総決算といっていい内容のアルバムとなっています。


まず、ゴシック風のインスト曲から始まり、
そして2曲目「FADED~色褪せたアルバム」では、聴きやすくも奥の深いゴシックメタルを聴かせ、
3曲目「ANGEL EYES」では、彼らの曲の中でもひときわ美しいメロディと、
yuriさんの美しい歌声が引き立った、切なげなポップスを聴かせ、
4曲目「DISCO TIME」では、タイトル通りのノリノリのディスコナンバーを聴かせ、
といったように、曲ごとに個性があり、そしてどれも魅力に満ち溢れています。
中盤では、デジタルロック風の曲が中心となり、これでもかとばかりに押しまくる。
そしてラストは原点回帰ともいえる、疾走感溢れるトランスナンバー「SAIL AWAY」で締める。
この構成も良いですし、また、これらどんなジャンルの曲であっても、
yuriさんのボーカル、motsuさんのラップ、t-kimuraさんの編曲という3つが合わさった曲の数々は、彼らにしか出せない世界観がありますし、そして同時に統一感があります。
ボーカルの2人の歌唱も力強いですし、また編曲がどれも素晴らしい。
前作前々作もそうでしたが、特にロック系の曲に対して、
ここまでキーボード、電子音の使い方がうまいグループは他にいるのだろうかとすら思います。


その中でも「NAMIDA 3000」「雷鳴-OUT OF KONTROL-」この2曲は凄過ぎとしか言いようがないです。
つくづく、どうすればここまで、熱狂的なまでに魂を揺さぶられる曲が作れるのだろうか・・・
ボーカル、ギター、電子音、ありあらゆるもの全てが一つになって、
そして何もかもを突き破って突進していくかのような、そんな曲が作れるのだろうか・・・


ただ作品全体では、バラード系の5.6曲目はやや弱いかなと感じてしまったのですが
(てかそもそも個人的に、彼らにはバラード系はあまり求めてないというせいでそう感じたのかもしれませんが)
それ以外は、完璧といっていい内容です。彼らの「ベストアルバム」といってもいいぐらいの内容です。


つくづく、5thアルバム「DECADANCE」から、この8thアルバム「GRID」、
そしてシングル「SPEED MASTER」、そして10周年ベストの
「m.o.v.e 10th Anniversary MEGA BEST」までの、この約4年間は、
神がかり的といってもいいぐらいのすさまじい作品の数々だったです。


最近はダンスナンバーのリリースが続いていますが、やはりまたこの頃のような路線の曲も作って欲しいですね。



0 件のコメント: