ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2009年12月22日火曜日

[CDレビュー]  鬼束ちひろ「DOROTHY」


鬼束ちひろ「 DOROTHY」
(2009/10/28) 

1. A WHITE WHALE IN MY QUIET DREAM 
2. 陽炎 
3. X 
4. ストーリーテラー 
5. STEAL THIS HEART
6. I Pass By 
7. 帰り路をなくして 
8. Losing a distance 
9. ラストメロディー 
10. 蛍 
11. VENUS
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




2009年10月にリリースされた、鬼束ちひろさんのニューアルバム。
完全復活へ向けて、音楽に込めた新たな決意というものを
ひしひしと感じるアルバムだったと思います。

世間的には、鬼束ちひろの曲といえば暗いというイメージがあるかもしれません。
今作でいえば「帰り路をなくして」のような、ひたすらダークな曲も
もちろん魅力の一つですがしかしこのアルバム全部を聴けば、
決して暗いばかりだなんてことはない。
同じバラード曲であっても、歌謡曲的なメロディにのせた美しいラブソング「陽炎」や、
どこか小悪魔的な感じのする「ストーリーテラー」などといったように、
曲ごとに違う色を感じさせてくれる作品となっている上に、
激しいロック調の曲「X」や、軽快なシンセの音が印象的な曲
「STEAL THIS HEART」などといった新たな挑戦を感じる曲も
収録されているというのが良いです。

そしてこのアルバムは、影の部分と同時に、光の部分を強く歌っている。
その向こうに見える光を目指して、必死に向かっているかのような・・・ 
特にラスト2曲は、圧巻といってもいいでしょう。
暗闇の中で輝こうとする姿を思わせてくれる「蛍」は超名曲といっていいです。
そしてラスト曲の、壮大なまでの愛、決意、希望を歌った「VENUS」の
その圧倒的なまでのスケールは、まさに大空から光がさしてくるかのよう。

今作は、個人的には彼女の最高傑作だと思いました。
いつかまた、ライブにも行ってみたいです。
生で聴いたら、きっとCDで聴く以上に感動するだろうなと・・・


0 件のコメント: