ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2008年3月15日土曜日

[CDレビュー]  いきものがかり「ライフアルバム」


いきものがかり「 ライフ アルバム」
(2008/2/13)

1. Good Morning
2. 茜色の約束 
3. 夏空グラフィティ
4. 青春ライン 
5. @miso soup 
6. ソプラノ 
7. 花は桜 君は美し 
8. ちこくしちゃうよ 
9. 心一つあるがまま 
10. ニセモノ 
11. 東京猿物語 
12. 月とあたしと冷蔵庫 
13. 茜色の約束-acoustic version-  
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)




ついに完全ブレイクを果たした、いきものかがりの2ndアルバム。
1stアルバム「桜咲く街物語」があまりに素晴らしすぎたこともあり、
それに比べると今作はどうかなと思ってましたが、
やはり今回も良い作品を作ってくれました。

特に一番良かった、いい意味で衝撃を受けた曲は、11曲目の「東京猿物語」。
これはお見事! ロック・ポップスと盆踊り・演歌が融合したようなサウンドが最高に素晴らしい。
歌詞や歌い方なども含めて、まさに日本のお祭りって感じの曲です。
かつてのザ・コブラツイスターズの曲を彷彿させますね。
まさかこんな曲を、いきものがかりが作ってくれるとは思わなかった。
個人的にはこの曲が今作の一番の収穫だと思います。これからもこの路線の曲は続けて欲しいです。

それ以外の曲は、どれも正統派ですね。相変わらず、暖かさがにじみ出ている曲が多いです。
ただ、2ndともなると、やはり今までの作品と似た感じのミディアム~バラード曲が多いかなと思ったのと、
前作「青春のとびら」「流星ミラクル」「HANABI」のような疾走感溢れる曲が
今作にはあまり無かったのが残念でした。(「夏空グラフィティ」ぐらいか?)
1stアルバムの上記3曲が大好きだっただけに・・・ 
まぁ、でも前作がほぼベスト盤的内容で素晴らしすぎただけですね。
1stを新鮮な気持ちで聴いた頃に比べると、
2ndはやっぱり「慣れ」みたいなものもどうしても出てきますし。
ということで、今作も十分に楽しめる内容の作品だと思います。



0 件のコメント: