ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2009年11月29日日曜日

[CDレビュー]  Do As Infinity「NEW WORLD」


Do As Infinity「 NEW WORLD」
(2001/2/21) 

1. new world 
2. GURUGURU 
3. Desire 
4. We are. 
5. Snail 
6. 永遠 
7. rumble fish 
8. Holiday 
9. 135 
10. Wings510 
11. SUMMER DAYS
お気に入り度:★★★★★★★★★★ (10/10)





Do As Infinityの2ndアルバム。前作よりもロック色、激しさを増した楽曲に、
より力強さを増した伴ちゃんのボーカルと、全曲において質の高いメロディ、
そして、イントロから間奏からアウトロまでの全てにおいて、精密に作り込まれた編曲。
とにかく質の高い、高過ぎるまでの曲の数々・・・
しかも前作とは全く違う作風で、これほどまでにすごい作品を作ってしまったというのだから・・・
まさにこのアルバムをもって、日本最強クラスのアーティストが誕生したといっていいでしょう。


イントロからして一気に引き込まれる、
問答無用なまでのカッコ良さと力強さを持った曲「new world」、
上品さ・質の高さとセクシーさを持ち合わせた極上ロックナンバー「Desire」、
テンポの良いバンドサウンドと鐘の音が印象的なクリスマスソング、そして、2番終了後の間奏ではまさにサンタクロースがこの地に下りてくるかのような感動に包まれる「We are.」
亡くなった人への感謝の気持ちを、力強く歌ったバラード、私がこれを聴いた10代の当時は誰かを亡くした経験なんて無かったのに、それでも泣いたぐらいの曲「永遠」
激しさと、退廃的なまでのダークさを持ち合わせたようなボーカルとサウンドに
心を打たれる「Snail」「rumble fish」、
社会を軽快に皮肉るかのような歌詞と、勢い満点でなおかつ質の高過ぎるぐらいのロックサウンド、そしてアウトロの、ピアノの音が絶妙にからむとこなんてまさに神がかり的な「135」、
ゆったりとした曲調にのせて優しく歌いかけるAメロ、Bメロから、サビで一気に盛り上がり、
そして一気にとてつもない開放感に包まれるかのような曲「Wings510」、
そして最後は、DoAsの中で最もハードなロックでありながら、
激しさと切なさが交錯するかのような感覚に包まれる、全英語詞のナンバー「SUMMER DAYS」、
もう本当に、そのどれをとっても素晴らしい曲ばかりです。


女性ボーカルのロックアルバムの中では、次回レビュー予定のとある作品と並んで、
まぎれもなく日本トップクラスのアルバムといっていいでしょう。
このアルバムでDoAsはオリコン週間1位を獲得し、本格的にブレイクしたわけでございますが、
個人的には、いやむしろこれでも売り上げが低すぎる! 週間じゃなくて年間1位をとるべき作品だろ! とすら思えてくるぐらいの、そんな作品でございます。


2 件のコメント:

stardust さんのコメント...

 お勧めしていただいた曲はなかったのですが、個人的に興味もあったので聴いてみました。『GATES OF HEAVEN』がバラード多めなのとは対照的に、こちらはロックな曲が多めで、こういう攻め方でも完成度の高いアルバムを作り上げることができるアーティストなのだなと感じさせられました。まだあまり聴き込めてはいませんが、特に導入の「new world」、終盤の「135」・「Wings510」は良かったです。聴いていて気持ちの良いアルバムですね。

えむけー さんのコメント...

「NEW WORLD」と「GATES OF HEAVEN」が初期の2大傑作だと思います。
復活後の「ETERNAL FLAME」や一昨年の「TIME MACHINE」もこれに並ぶぐらいの作品でしたが。
今作は本当に聴いていてスカっとさせられるアルバムですね。
こちらも気に入って頂けて良かったです。