ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2011年4月28日木曜日

[CDレビュー]  JAM Project「JAM FIRST PROCESS」



JAM project「 JAM FIRST PROCESS(限定)」
 (2002/3/21) 

1. Ready Go!! ~Song for J’s 魂 
2. The End of Day ~女神クラウディアの選択~ 
3. NOTE
4. Girls be ambitious 
5. DESPERATE 
6. めぐり逢えた奇跡 
7. Super Soul 
8. Precious
9. 水に映る月 ~my heart 
10. Deep so deep
お気に入り度:★★★★★★★★ (8/10)





2002年にリリースされた、JAM projectの1stオリジナルアルバム。


去年リリースされたアルバム「MAXIMIZER」が公式サイトにて、
「JAM project初の完全オリジナルアルバム」と紹介され、
今回レビューするこのアルバムはなぜか無かったことになっているようですが、
(そうなった原因は、やはり別のレコード会社よりリリースされたからなのでしょうか?)
こちらこそが、正真正銘の1stオリジナルアルバムでございます。


しかし、あまりにスゴ過ぎた「MAXIMIZER」を聴いた後にこの作品を聴いてしまったせいで、
どうしても、2ndオリジナルアルバムに比べると・・・という感想を持ってしまいました。
そもそもこの作品は、ボーカルの各メンバー達がそれぞれほぼ1人で歌うという曲ばかりで、
メンバー達の声が曲の中で絶妙に絡んで合わさることによって起こるものというのがほとんど無い。
それが「MAXIMIZER」などの最近の彼らの作品との一番の大きな違いでしょう。
ただ、曲調の多彩さでいえば、むしろこの1stの方がわずかに上回っているのではと思います。
前後のベスト盤でみせたロックやポップスだけでなく、フォーク調の3曲目やピアノバラードの9曲目など、様々なジャンルに挑戦しているのが分かります。
しかし上記のそれらの曲も含めて、雰囲気は良いけどサビメロが微妙で印象に残りにくい曲が多かったのが残念。
さらに終盤に3曲連続でバラード曲が続き、その曲の出来についても微妙な感じを受けてしまいました。


それでも「Super Soul」1曲だけでこの作品を聞く価値があります。
メロディアスなロックサウンドと、曲の中で絶妙に絡むキーボードやブラスバンド、
そして魂のこもったボーカル、これらが一体となって合わさった破壊力、
やはりこういう曲こそが彼らの一番の魅力でしょう。それ以外の曲も、
影山さんが歌うロックバラード「The End of Day ~女神クラウディアの選択~」
現ANTHEM、元アニメタルのボーカルの坂本さんが歌うハードロック「DESPERATE」、
松本梨香さんが歌う、女性ボーカルオンリーのポップス曲「めぐり逢えた奇跡」などはどれも良い曲で、やはり聴いて損はなかったなと思わせてくれるものがありました。


彼らの原点を知る意味においては、1stベストアルバムと並んで必聴の作品といえるでしょう。


0 件のコメント: