ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2008年9月8日月曜日

[CDレビュー]  THYME「first 9uality」


THYME「 first 9uality(ファーストクオリティー)〈初回限定盤 DVD付〉」
(2008/9/3) 

1. 晴天 
2. Hello 
3. Our Rock Star 
4. forever we can make it! 
5. Drive 
6. Fly Away
7. I'll be back 
8. The LAST DAY 
9. babycar 
10. My Life
11. Humming Bird
12. Wonderland
お気に入り度:★★★★★★★★★☆ (9.5/10)





THYMEの1stアルバム。やはり期待通り、1stアルバムから素晴らしい作品をリリースしてくれました!
「1シンガー、2サウンドプロデューサーが織りなす上質ロック」というキャッチコピー、
これに偽りは無いということが、聴けば本当によく分かります。
以前このブログで紹介したシングル曲の素晴らしさは既に証明済として、
アルバム曲も全曲もメロディが良いですし、音がしっかり作りこまれていて質が高いです。
バイオリンの音が絶妙にマッチした「Humming Bird」なんかは特に印象に残りました。
どうやら、サウンド面の方は公式HPの紹介によると「洋楽センス溢れる楽曲」が売りらしいですが、むしろメロディの良さに関しては洋楽よりも上なのではと思います。
そんな楽曲の数々を歌う、ボーカルのthymeさんの声がこれまた良いです。
独特のカラっとした感じの声、これは今の日本の有名アーティストの中には
いないような感じの声で、個性があって良いです。


ただ、ちょっと意外だったのは、思ったよりも前向きな歌詞が多かったこと。
もともとバンド名のTHYMEとは花言葉で「勇気」という意味があるらしく、
そんな、文字通り勇気や希望を与えてくれるような曲が多かったです。
が、ちょっと似たような感じの歌詞や世界観の曲が多いかなという印象でした。
それでも歌詞の質自体は最近のヒット曲とかに比べたら全然高いと思います。
そんな中で「The LAST DAY」が歌詞も曲の雰囲気もこの中では異色な感じがして、面白かったですが、まだまだもっと歌詞や曲の幅を広げることはできるはず!


それでも、1stアルバムでこれだけやってくれたらさすがとしか言いようがないですね。
やはり、2008年を代表する、名作アルバムでした!

0 件のコメント: