ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年12月28日水曜日

[CDレビュー]  NoGoD「Renovate」


NoGoD「 Renovate」
(2016/3/30)

1. VAMPIRE
2. 絶頂マスカレード
3. 魔法
4. 想像グラフィティ
5. イピカイエ
6. 方舟
7. 時を超えて (instrumental)
8. キラー・クラウン
9. カミサマの言うとおり
10. 光
11. 桃源郷へようこそ
お気に入り度:★★★★★★★★★ (9/10)




NoGoDのメジャー通算5枚目のオリジナルアルバム。
ヴィジュアル系HR/HMバンドの中でもトップクラスの人気を持つバンドなだけあって
実力の方も文句無し。リード曲の1曲目「VAMPIRE」から聖飢魔Ⅱみたいな疾走メタルナンバーを
聴かせてくれたのにはそりゃもう一発でハマった。ボーカルの団長は歌の実力はもちろんとして
しゃべりの方も面白いという評判を聞いてるんですよね。閣下と団長のコラボが見たくなってしまった。

ハードロックやメタルをベースとしながらも曲調が多彩なのも良いところ。
2、3、9曲目辺りではメジャー感のある王道V系ロックに近い曲を聴かせてくれる。
3曲目「魔法」はアニメのOP曲に起用されてもいいほどの爽快感溢れる曲で
ライブに行って一緒にオーイェーイ!と声をあげたくなるサビが良い。
4曲目「想像グラフィティ」はアコースティックロック調の曲で懐かしさを感じられる。
その一方で6、8曲目辺りではダークテイストでガツンと重厚感のある曲も聴かせる。
歌詞の世界観も凝っている。前アルバムを聴いた時はV系にしてはずいぶんストレートな歌詞が
多いなと思っただけに尚更・・・これだけ多種多様なアプローチを見せているにもかかわらず、
ファンからは今作はバラエティに欠けるという感想が出てしまうとはビックリだ(参照)
やはりヴィジュアル系とアニソン系は、編曲が多彩な作品がいかに多いかという証拠でしょうね。

その中でも今作は5、11曲目が特に、ライブハウスにてみんなで一緒に思いっきり
ヘドバンしたくなるほどの疾走感とライブ感のある曲で素晴らしかった。
5曲目「イピカイエ」の、女も男も全員音を浴びて裸になれ!という歌詞は
とってもいいよなぁ。ライブでは本当にそういう光景が広がるのだろうか?(笑)
まぁ大人たちもキッズたちも一緒に踊ろうと歌いながら実際のライブ会場では
キッズがほとんどいないバンドもいるだけにその辺は行ってみないと分からないが(参照)
11曲目「桃源郷へようこそ」もこのライブハウスの空間こそが桃源郷だと言わんばかりの曲。
「♪ほんとにほんとにほんとにほんとに」の連呼の後は「ライオンだ」じゃないのかと
思ってしまったのは自分だけか?それはともかくとして、スラッシュメタルに
キャッチーなサビメロを組み合わせた曲というのはやはり最強だなと。
来年こそはライブを体験したい!と思えるアルバム作品でした。最近はフェスへの出演も
増えているようで本当に良かったですね。以前にはこんな記事を見ていただけに・・・







0 件のコメント: