ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2016年12月19日月曜日

[私的名曲ランキング]  2016年11月度 マイベスト10

恒例企画、サブコンにより選ばれた月間私的名曲ベスト10を紹介いたします。


第10位 Lenny code fiction「Flower」 [公式PV]

アニメ「ALL OUT!!」のOP曲。颯爽と駆け抜けていくような清涼感が良い。
高校ラグビーを描いたアニメの主題歌としてはスタイリッシュで(バンドのコンセプト通り)
最初はどうかなと思ったものの、聴いてるうちにどんどんハマっていきました。
今月27日には花園開幕、MBSのハイライト番組の主題歌もこの曲でいいんじゃないだろうか?




第9位 永原真夏「オーロラの国」 [公式PV]

最初の語りの時点から一気に惹き込まれた。独自のワールドが広がっている。
芸術は爆発だと言わんばかりの曲ってハマりやすいんですよね。




第8位 ぜんぶ君のせいだ。「WORLD END CRISIS feat. ◎屋しだれ」 [公式PV]

近年のラウド系アイドルの曲の中でもとりわけ抜群の迫力を感じた。
この前1stアルバムを聴いてみたばかりだがそれらの曲と比べても更なる覚醒を遂げた感がある。
来年2月に行われるでらロックフェスでライブステージを見るのが楽しみ。




第7位 PASSPO☆「ギミギミaction」 [公式PV]

ジングルベルのメロディをとり入れたクリスマスソング。
まるでサンタさんが降りてきたかのようにハッピーでファンタスティックな編曲と
元気いっぱいな歌いっぷりが良い。こんな曲を聴いたのはDo As Infinity「We are.」以来か?
当初はこの曲が1位候補だったんですけどね。この月に限っては激戦過ぎた。




第6位 こぶしファクトリー「辛夷の花」 [公式PV]

ハロプロ期待の若手グループ。フォーク調のメロディにのせて歌われる、
ひたむきな歌詞のメッセージに癒され勇気づけられる。
演歌・歌謡曲っぽい歌を歌うアイドルってのもまた魅力的なものですね。




第5位 ミオヤマザキ「正義の歌」 [公式PV]

一見ノリの良いダンサブルな曲でありながらも、その裏には社会風刺が効いているのが面白い。
PVを見ても感じられる通り、今のネット社会を意識した曲だなと、
その中で正義ってのは一体何なんだ?ということを問題提起した曲に聴こえる。
1度ライブに行ってみたい。でらロックフェス辺りに出てくれないかな?




第4位 BLUE ENCOUNT「LAST HERO」 [公式PV]

今までも注目していた若手バンドでしたが今回一気に来たのはやっぱりサビメロですよ。
これぐらい伸びやかで、思いっきり豪快な曲を待ってた。
「♪ジタバタして意地でも倒せ」「♪Wanna be the SUPER HERO」
なんてもうカッコ良すぎ。自分の入場テーマ曲にしたくなるような曲だ。




第3位 黒崎真音「VERMILLION」 [公式PV]

もはや神々しさすら感じる、エモーショナルな編曲と歌唱が素晴らしい。
学園祭ライブのレポでも書いたが(参照)この曲を歌っているところを聴くと
真音ちゃんではなく真音様と呼びたくなる。歌唱が奈々様みたいだからそう思った。
SUGIZOさんプロデュースというのも大きな注目ポイント。なのになぜPVは
15秒バージョンしか公開されてないんだ?ここで大きく売り込まずしてどうするんだ?




第2位 BAND-MAID「YOLO」 [公式PV]

「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様!」でおなじみのガールズHRバンドが
メンバー自作曲でこれほどまでにギャップ萌えでカッコいい名曲を作ってくれたのは
とても嬉しかった。これならば今後音楽性がブレる心配はなさそう。
ラストのサビでさらにもう一展開あるところなんて最高ですよ。
BAND-MAIDとPASSPO☆、同じ事務所所属の2組が1.2フィニッシュなるかと当初は思ったものですが・・・




第1位 SALTY DOG「Eternity」 [公式PV]

最後に全てもっていかれたのがこのアーティストの曲でした。
ノルウェー出身のバイリンガル女性ボーカル擁する4人組バンド。
2016年8月度マイベスト10にも登場した、May'nへの提供曲「Belief」
が素晴らしかったのを聴いて以来注目度が上がっていたが・・・
まさかここまで圧倒的な曲を作ってくれるとは!!
ピアノ・キーボード・ストリングスなどが加わったドラマチックなバンドサウンドと
抜群の歌唱力を持ったボーカルが、アニソン風のキャッチーなメロディと共に
波のように次々と押し寄せてくる。これには感動、聴いてから約3日ぐらい頭から離れなかった。
Youtubeにて艦これOP(AKINO from bless4「海色」)みたいだというコメントがあったのは確かに(笑)
海色も傑作だったがこの曲はそれをも超えたのでは?間奏のギターソロのスゴさだけでもこちらに分を上げたくなる。




(今月の次点)
・鈴華ゆう子「永世のクレイドル」 [公式PV]
和楽器バンドのボーカリストのソロ作品。イントロのギターや歌メロの良さは文句無し、
もちろん歌唱力も抜群、この月以外ならばもっと上位に入っている曲だった。
結局はアニソン風の歌謡ロックみたいな曲が常時当ブログ上位に入るほど大好きってことですよ。

・イケてるハーツ「ルミカジェーン」 [公式PV]
志倉千代丸さんプロディースのアイドルグループの3rdシングル。
作詞のみの参加で編曲は別の人にもかかわらず、この曲もまた千代丸サウンドだと
感じられるのはなんでだろう。アニソンとアイドルの境界線も無くなってきたのか?
最近ではElements Gardenのメンバーも風男塾に楽曲提供してるのを見るとそう思う。

・アンダービースティー「Black Jet」 [公式PV]
ヴィジュアル系ロックユニットアイドルが歌うデジロックナンバー。
このようなダンサブルな曲もまた女性V系の魅力。間奏のギターソロがこれまた良い。

・偶想Drop「偶神」 [公式PV]
またしてもラウド系アイドル。ライブに行きたくなるという点では今月No.1クラスの曲。
歌詞の通り、観客たちは本当にいい人ばかりなんですよ。このライブハウスという空間だからこそ
みんなで思いっきり弾けることができる。これこそが日頃のストレスを発散できる場だ。

・水曜日のカンパネラ「アラジン」 [公式PV]
アジアンディスコ。1990年代のABYSSの曲を思い出してしまうほどの魅力を感じましたよ。
知ってる人どれぐらいいるか分かりませんが・・・

・exist†trace「ROYAL STRAIGHT MAGIC」 [公式PV]
ガールズV系バンドならではの高度な編曲と演奏が素晴らしい。
すっかり当ブログ常連バンドなのにアルバムレビューをまだ書けてないから今度書かないと。

・Dragon Ash「光りの街」 [公式PV]
震災からの復興を願う気持ちで作られた曲と知るとなおさら感動的な曲に聴こえました。

・jealkb「reboot」 [公式PV]
ロンブー淳がボーカルを務めるV系バンド。
なぜ注目したかというとこの前Gacharic Spinと対バンしてたからなのだが、
曲を聴けばそれも納得なほどに、ひたむきな疾走感のある曲で胸に迫りくるものがあった。
彼らもまた全力エンターテイメントバンドなんですかね?ライブに行ってみたくなりましたよ。


(今月のSHOW BY ROCK!!)
・プラズマジカ「プラズマism」 [公式PV]
・BUD VIRGIN LOGIC「×旋律-Schlehit Melodie-」 [公式PV]
・シンガンクリムゾンズ「背徳のカタストロフィ」 [公式PV]
・徒然なる操り霧幻庵「十六夜ゐ雪洞唄」 [公式PV]
当ブログのアニメ感想で書いた通りの名曲揃い。こうして並べると目移りしてしまいそう。
関東地区では今日が最終回放送の日なんですよね。こっちは月曜深夜だから実質2日遅れ・・・


(今月の総評)
11月度といえば毎年恒例のリリースラッシュ。その中でも今年はレベルが高すぎて、
M-1グランプリの最終決戦の審査員並みに頭を抱えたくなるほどマイベスト10を作るのが難しかったですよ。
ベスト10どころかベスト30まで作らないと全部紹介できないほど。当ブログ常連組では他だと
陰陽座、AKINO、彩音、SPYAIR、KNOCK OUT MONKEYなどの曲も素晴らしかったし、
さらにはカノエラナ、ZYUNなども・・・他の月ならマイベスト10に入るぐらいの曲でした。
この曲とかはサブコンでも上位に行きそうな曲だと思ったんですけどね・・・ということで最後に1曲挙げてみました。



0 件のコメント: