ブログトップ

唄と旅がメインの日記ブログ。音楽は歌姫系・ガールズロックを中心に、アニソン・アイドルからメタルまで幅広く取り上げてます。
相互リンク及びブログ固定客大募集中。リクエストも大歓迎。たくさん更新してますのでよろしくお願いします。
コメ欄の匿名コメントは内容によっては削除する場合があることをご了承下さい。

2011年3月4日金曜日

[CDレビュー]  THE冠「最後のヘビーメタル~LAST OF HEAVY METAL~」



THE冠「 最後のヘビーメタル~LAST OF HEAVY METAL~」
(2010/10/27) 

1. 私だけの十字架 
2. あなたの知らない世界 
3. 草食ロードウォーリアーズ 
4. 中3インマイドリームス~行ってみたいなL.Aに~ 
5. サンライズ 
6. 永遠の咬ませ犬
7. 男達の挽歌 ~ミソジヨソジオヤジエレジー~ 
8. 美しき暴動 
9. 笑顔のままで 
10. 最後のヘビーメタル
お気に入り度:★★★★★★★★☆ (8.5/10)





2010年11月にリリースされた、THE冠の2ndフルアルバム。
最近は各種バラエティ番組にも出演し、そして他の出演者からイジられまくり、
その中で自身の音楽については自虐ネタで「うるさいのでごまかしてるだけ」とか言ってるのを見るたびに、
いやそんなことは無いって!俺が今までライブを観た歌手の中で屈指の実力派だと思ったから!
と思わずツッコミを入れたくなってしまうんですが、その実力がどんなものかというのは、
まずこのアルバムの1曲目「私だけの十字架」にてその圧倒的な歌唱力を聴いた時点で分かるでしょう。
さらに楽曲の方も、モテたいがために嘘をつきまくる女性の姿を、
AメロがレゲエでBメロ以降がメタルというサウンドに乗せて痛快に歌うという、
人並み外れたセンスを存分に見せ付けてくれます。これは破壊力満点といっていいでしょう。


しかし今作では、1stミニアルバムの頃から比べるとラップ的な要素が減り、
歌モノ中心の作風へとシフトチェンジした印象です。
特に2、6曲目あたりは、正統派メタルナンバーといった感じの雰囲気な曲も入っていて、
これは初期の頃の作品の数々からすると少し変わったかなという感じを受けました。
だがその一方で、歌詞の方は今作も相変わらず面白い。
休日の朝に早起きして、ゴルフ接待に付き合わされるサラリーマンの姿を描いた「サンライズ」、
パソコンを使ってネット上で暴れる人の姿を歌った「美しき暴動」、
好きな女性のことを、ブスだとかエロイノシシとか罵倒しつつも、
やっぱり愛してるんだという心の葛藤を歌ったバラード曲「笑顔のままで」などといったように
本当にどの曲の歌詞も個性が際立っていて素晴らしい! 作詞に関してもすごい実力だと思います。


ただ過去の作品に続いて今作も気になったのは作曲の方。サビで一気に盛り上がるような曲が少ないということです。
特に3、8曲目などはサビメロの質自体に疑問を感じてしまいましたし、
曲の展開が面白くて、個人的には大好きな「中3インマイドリームス」も、
サビで盛り上がるといったタイプの曲ではないので、一般ウケするかといえばどうだろうかと・・・
そもそも作曲に関しては、全曲冠さんの自作にこだわる必要は無いのではと・・・
前バンドのSo What?時代もギターやドラム担当の人が良い作曲をしていましたし。


バラエティ番組出演などの効果で、知名度に関しては一気に上がったので、
今後さらに上のステージに行くには、メロディの質を上げることが必要なのではと思います。
個性を存分に発揮しつつもキャッチーな曲だって作れると思いますし、今後のさらなる活躍に期待したいです。




(追記) 前述のように最近はバラエティ番組へと進出を果たした冠さんについてですが、 私はもともと、歌手がそういうバラエティ番組などに出たりとかするのは全然良いと思ってます。 むしろテレビには出ないだとか、紅白歌合戦には出ないとかいう歌手の方が 何カッコつけてんだって感じがして好きじゃないぐらいなんですが、しかし、 ヘキサゴンにだけは出て欲しくなかった・・・ あの番組の一員になると、歌手、アーティストとして評価されるものもされなくなるような気がするんです。 ヘキサゴンファミリーだとかいって、歌手も芸人も俳優も味噌もクソもゴチャ混ぜにされて そして司会者の自己満足臭しか感じられないわけわからんユニットを次から次へと組まされて、 大して歌が好きでもないような人と一緒に歌わされるとか、そんな風にだけはなって欲しくないです。 ヘキサゴン出演者の歌手でいえば、misonoもボーカリストとしては実力あるにもかかわらず、 肝心の歌手活動については迷走してるとしか思えない、こうなったのはやはりあの番組も一因でしょう。 せめてもっとちゃんとした方向性を持って歌を出してくれる番組なら・・・ 同じバラエティの企画モノでも、ポケットビスケッツとか野猿とかは好きだったです。 歌い手の方も、千秋やとんねるずなどは音楽をそれなりにしっかりとやっていましたし、 楽曲プロデューサーが作る曲の質も高かった。 でもヘキサゴンは・・・ 一流音楽プロデューサー気取りの人による自己満足でしかないでしょう。 あくまでCD作品は、THE冠としてリリースして欲しいです。 今後ヘキサゴンファミリー入りして変なユニットを組まされてそこからCDを出すなんてことになったら、このブログにてどんなにTHE冠は実力派アーティストなんだと言っても、 世間一般の人たち、そして音楽ファンの人たちからは信じてもらえなくなるかもしれないなぁ・・・ ということで、そのへんのところはどうか考え直してください! お願いします!